こよみ
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
近ごろの記事
お便り
引きだし
今までの記事
つながり
携帯でもどうぞ!
qrcode
ちょっとおすすめ
ちょっとおすすめ
ちょっとおすすめ
RAINBOW MAKER SINGLE
RAINBOW MAKER SINGLE (JUGEMレビュー »)

太陽電池が光を集めて、動きだし、下のクリスタルから、小さな虹がたくさん生まれて、くるくると踊り出して、見慣れた部屋が異空間に!
健全にトリップできます。
ちょっとおすすめ
星の使者―ガリレオ・ガリレイ
星の使者―ガリレオ・ガリレイ (JUGEMレビュー »)
ピーター シス
緻密で美しい挿絵1枚に、どれほどの時間を費やされているのでしょうか。マクロとミクロが共存する世界。原画が、見てみたいです。
シスの絵本はどれも好きですが、個人的に、ガリレオ・ガリレイが好きなので、こちらを。

ちょっとおすすめ
Wood
Wood (JUGEMレビュー »)
Andy Goldsworthy
アンディ・ゴールズワージーの作品集「Wood」。石、枝、棘、土、雪、氷柱、花、自然の素材を使いつつ丁寧に創り上げられた、なんとも不思議で不気味でオカルト的でもある、美しい世界。
写真集は他にも、「Stone」「Wall」「Time」・・いろいろあります。
異質ながらも、自然に溶け込むインスタレーション、生で体感してみたいです!!
ちょっとおすすめ
ヘンリー・ダーガー 非現実の王国で
ヘンリー・ダーガー 非現実の王国で (JUGEMレビュー »)
ジョン・M. マグレガー
ミステリアスで孤独な一生を送ったヘンリー・ダーガーが亡くなる直前に見つかった、世界一の長編とも言われる、子供を奴隷にする残虐な大人たちと戦う、七人姉妹ヴィヴィアンガールズの物語。300枚を超えるダーガーの手による挿絵の、美しさと、可愛らしさと、残酷さと、奇妙さと・・。
ダーガーが自分自身のために創り上げた王国を、覗いてしまうことの背徳感。痛いぐらい哀しくて、強い。絶望、孤独、狂気から生まれた創作活動の純粋性を思うと、ほんと凄いです・・・!


ちょっとおすすめ
日本の島ガイド シマダス
日本の島ガイド シマダス (JUGEMレビュー »)

日本の全有人島と主な無人島あわせて1,000島以上のさまざまな最新情報を満載。
知らない島に住む人たち、お祭り、歴史、文化、そしておいしい特産品。
私ってなんて、無知なのかしら!と実感させられます。
まだ、一度も目を通していない頁たくさんあります。
トラックバック
自己紹介
その他

き・ゆ・ぬ・は・ぴ・る

ちょっと沖縄テイスト、喫茶ハピルのあさなゆうな
動物園まつり

 

みなさんお元気ですか?

 

ちょっぴり疲れがたまってきていましたが、

お休みにたくさん寝たら、蘇りました〜。

睡眠って、すごいですね。

 

 

先週お休みいただいて、お手伝いさせてもらった、

福山市立動物園の動物園まつりのことを書かせてもらいます。

 

 

私の応援している、ボルネオゾウのふくちゃんは、

日本でたった一頭のボルネオゾウなんです!

ふくちゃんに会うまで、ボルネオにゾウがいるなんて知りませんでした。

 

 

 

 

 

 

ボルネオの生物の写真を選んで自分で作る、缶バッチづくりが、

子ども達に人気です。

 

 

 

 

 

 

 

チャリティグッズも、持てるだけ持っていきました!!

 

 

 

 

 

 

ゾウの運動場前の広場に、地域の商工会やら、PTAやらのブースが。

お野菜や、てづくりのお餅なんかも売られてました!

 

 

 

 

 

 

 

ステージでは、動物クイズなど。

 

 

 

 

 

 

 

景品、赤字だろうな〜〜!なご奉仕的な射的が人気でした!

わたしもしたかったな。欲しいものがあった。

 

 

 

 

 

 

合間に、ちょこっと、ふくちゃんのお姿も見られました。

タイヤ遊びが大好きなふくちゃん。3つを組み合わせて遊んでいました。

 

 

 

 

 

この日は、おやつに、差し入れの小玉すいかと

副園長さんから柿の差し入れもありました。

 

 

 

 

 

 

おやつの後、ふくちゃん前に掲示されているボルネオ保全トラスト・ジャパンの

パネルの前で、副園長さんが丁寧に、ボルネオの置かれている現状を

しっかりと伝えられていました。

 

 

さて・・・・

ふくちゃんは、今、闘病中なんです。

結核にかかって、一時は死の淵を彷徨っていたんです。

 

結核と判明して、薬を与えたのですが、

二日目くらいに、おかしい!!!と気づかれて、拒否されたようで、

仕方なく座薬に切り替えているとのこと。

1リットルくらいのお薬を、3本くらい。

ふくちゃんも、獣医さんも、間に入る飼育員さんも辛いだろうなぁ

大変だろうなぁと思います。。

 

 

 

 

 

 

ふくちゃん、がんばって!!!

 

 

 

 

 

 

目の周りなど、ところどころ斑なのは、

乾燥防止の、ワセリンをぬってもらっているんですよ!

大切にされているので、それだけは安心できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふくちゃんに、元気になってもらって、

もっともっと、森を広げて繋げたいです!

 

 

 

ふくちゃんの治療は、まだまだ続くのですが、

ゾウさんだけに、薬の量もものすごいです。

 

私なんかより、ずっと前からふくちゃんのことを応援されてた

方々が、「チームふくちゃん」なるものを結成して、

ふくちゃんの応援ブログを作ってくれているんです。

園と取り合って下さり、募金もできるようにして下さいました。

 

ブログ、ご紹介させて下さい!

 

ボルネオゾウのふくちゃん 〜ふくちゃんへの恩返し〜

http://fukuchan17.exblog.jp/

 

 

 

通天閣のすぐ目の前にある、ギャラリーカフェ*kirinさんが、

ふくちゃんへの寄付を集めて下さってるんです。

オーナーさん、動物が大好きで、動物園をとりまく動物たちの

環境がよくなるように!!と、いろんな企画をされています。

 

 

 

 

 

 

 

わたしも、寄付させてもらいに行きました!

通天閣前のローソンの横、階段を上がると・・・・

明るくて、開放的で、ナチュラルで、居心地良い空間〜〜〜。

 

 

 

 

 

 

国産小麦使用の、柿とくるみのパウンドケーキおいしかったです!

 

 

動物にまつわる展示や、雑貨の販売もされてます。

なので、寄付とかふくちゃんはぬきでも、

ぜひぜひ立ち寄ってもらいたい素敵なカフェです〜〜〜♪

 

 

●ギャラリーカフェ *kirin*

http://www.eonet.ne.jp/~kirin-cafe/

 

| ボルネオとのつながり | 00:07 | comments(0) | - | - | - |
福山市立動物園の動物園まつり

 

誠に勝手ながら11月5日(土)・6日(日)お休みさせていただきます。

申し訳ありません。

 

他店舗は営業しております!

 

 

 

11月5日(土)は、広島の福山市立動物園で開催される

動物園まつりに参加させていただきます。

ボルネオ保全トラスト・ジャパンのブース出展です。

 

ちょっと遠くて、遊びに来てくださいね!とは言えませんが、

こぢんまりとしていて、ハートフルな動物園です。

いつか、ボルネオゾウふくちゃんに会いに行っていただけると

嬉しいです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チャリティグッズのひとつ。

noi noi 紅屋ちゃんの新作。紅型ゾウさんポーチです!

 

 

 

 

 

 

 

お耳に、BORNEOの文字が。

バードウォッチャー憧れの地ボルネオらしく、カワセミもいます。

 

 

 

 

 

 

 

お母さんに甘える、赤ちゃんゾウ。

 

ボルネオで見た、お乳ちょうだい!していたコにそっくり!!!

 

 

 

 

 

 

わたしの応援している、ボルネオゾウのふくちゃんは、

アブラヤシプランテーション近くで保護されたそうです。

それまでは、こんな風に、お母さんたちと一緒に過ごしていただんでしょうね。

叶わないけど、会わせてあげたいな。

この草を食べさせてあげたいな。そしたらボルネオのこと思い出すかな。

 

家族や仲間を大切にするゾウが、仔ゾウを放っていくはずありません。

よっぽどの理由があったのだと思うのです。。。。

 

 

さてさて、今年はお菓子も持っていくことにしまして、

 

 

 

 

 

ニッパヤシという、ボルネオに自生しているヤシからとった砂糖を使った

お菓子です。ペースト状で、あまじょっぱいお砂糖です。

ニッパヤシって、西表島にも生えているんです。

 

もうひとつは、有機オートミールを使ったザクザククッキー。

波照間島の黒糖と、千葉産&やんばる産の落花生を入れてます。

こちらは、お店でも少し販売しています。

 

どちらも、乳・卵不使用、米油使用です。

 

 

 

それと、ゾウさん新聞ボルネオ編!8ページにもなってしまったので、

印刷にだしました。わら半紙です。

 

 

 

 

これを折る時間、捻出できるかな。

なんくるないさ〜って思っていたら・・・・

 

 

 

天使登場!

 

 

 

 

 

 

 

小2なのに、折るだけでなく、ページごとに分けて並べて

束ねてくれて、順番確認を自発的に!!

末恐ろしいです。

 

本当に本当に助かりました!!ありがとうね。

 

 

 

+++++++++++++++++++

 

 

動物好きで、動物園に来られている方でも、

アフリカゾウとアジアゾウが区別つかなかったり、

さらにボルネオゾウとなると、???

わたしも最近まで、ボルネオにゾウなんて知りませんでした。

 

お菓子だったり、雑貨だったり、読み物だったり、人だったり

何ががきっかけになるか、わからないですもんね!

・・・って、希望や期待を込めてます ^^

 

 

 

 

 

 

 

 

| ボルネオとのつながり | 01:22 | comments(4) | - | - | - |
ロハスフェスタ

 

秋の週末、イベントがいろいろありますね♪

 

 

29日(土)・30日(日)の二日間

万博公園で【ロハスフェスタ 万博】が開催されます!

 

私の応援している、『ボルネオ保全トラスト・ジャパン』が

出展されています!

 

 

 

 

廃材や端材、使われなくなった物のを利用した

『アップサイクル商品』の収益の一部を動物の保護活動、

ボルネオの保全活動などに寄付されている

『ヴィークラフト』さんのキッズワークショップもあります。

 

小学生に人気の、廃棄されるパッケージを使ったブレスレットづくりや、

自分で書いた絵でオリジナル缶バッジを作り、その参加費が、

ボルネオの保全活動に寄付されるといったものです。

 

 

 

 

 

遊びに行かれる方は、ぜひ覗いて下さいね!

秋の風を感じて、太陽の塔を拝んできてください!

 

 

時間:9:30〜16:30(入場は16:00まで)
会場:万博記念公園・東の広場
会費:350円(小学生以下無料)
※別途公園入園料(大人250円・小中学生70円)が必要
※障がい者手帳をお持ちの方ご本人と介助者1名無

 

 

●ロハスフェスタ 万博

http://osaka.lohasfesta.jp/

 

 

| ボルネオとのつながり | 00:53 | comments(0) | - | - | - |
火曜日はフリマ

 

 

第2・4・5火曜日は、テラスでフリマをしてます。

 

BONBONさんは食器、E-koさんはお洋服が多めでした。

 

 

 

 

今日は「ボルネオにどうぞ〜」と、Kさんファミリーが

いろいろといいものを提供して下さいました。

ハンカチ・靴下・鞄・・・未使用だったり、ほぼ新品のものばかり。

 

 

 

 

 

 

ほとんど使っていないという、こちらを譲って下さいました。

 

カプセル式で、淹れたてのコーヒーの味わいを簡単に楽しめる

ネスカフェドルチェグスト。

使い方も、お手入れの仕方も、簡単なんだそうですよ。

 

詳しい使い方は、↓ネスカフェのページで。

https://nestle.jp/brand/ndg/

 

 

 

 

 

 

これは、オランダのブランド「キッチュキッチン」のショルダーバッグ。

見えてない後ろの面の柄も、可愛らしいんですよ。

 

 

 

 

 

 

これは、Kさんんちのおばあちゃまが譲ってく下さいました。

未使用のサンダルと、ほぼ使っていないスニーカー。

 

 

Kさんちの皆さま、ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

私は、かなり夏じみたレース生地のカットソーと、

かわいいソックスを・・!

未使用ですが、お洗濯してます。

 

 

 

 

 

 

なるとみかんさんのお昼ごはんです。

メインを、豚ハンバーグのいちぢくソースかけか春巻きかを選べました。

 

 

 

 

 

おやつも、とっても秋らしかったです。

どれも素材の旨味を生かした、優しいお味です。。。

 

 

 

次回フリーマーケットは、25日(火)です。

 

 

どうぞよろしく、お願いします。

 

| ボルネオとのつながり | 01:52 | comments(0) | - | - | - |
チャリティージャム

22日(木) つたえびとさんの野菜販売の日です!

 

「遊」の前に止まっている、白い自動車です。

 

 

 

 

 

 

つたえびとさんが、雨にあたったり、傷があったりしたイチヂクを

分けて下さったので、チャリティーのジャムを作ったら、

もっと分けてくださいました!ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

空き瓶リユースのジャムです。

ひと瓶450円〜500円。

 

 

 

 

 

 

 

 

売上の全額を、ボルネオ保全トラスト・ジャパンさんを通じて

ボルネオの保全活動に使っていただきます。

フリマやポテトチップスの売り上げと合わせ、

年末までに5万円を目指しています!

 

いつも空き瓶を持ってきて下さる優しい方々、

ありがとうございます!

 

 

 

| ボルネオとのつながり | 00:27 | comments(0) | - | - | - |
ふくちゃんの故郷へ 5

 

 

ジャングルで過ごす、最後の朝。

いつものかわいい子にご挨拶。

 

 

 

 

 

 

いつの日か、ここで子どもを育てるのかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

うつくしい目覚め。

 

 

 

 

 

 

前日と同じ大きな木に、同じ男の子が寛いで、朝日を浴びていた。

 

 

 

 

 

 

 

目ではちゃんと確認できなかったけれど、カメラレンズとパソコンで拡大。

クチバシの立派なサイチョウ。

サイチョウは、大きな木に巣をつくるのですが、

その木が伐採などで失われたり、密猟されたりで数を減らしています。

サイチョウの仲間は寿命が長ので、若い個体がどれだけ

減少しているのかが気にかかります。

日本の動物園のゾウさんたちみたいに、高齢化していないかな。

 

 

 

 

遠くの高い木のてっぺんあたりに、ミュラーテナガザルもいました。

これぞジャングル!といったふうな彼らの鳴き声は、遠くまで響き渡ります。

長ーい手を使って、木から木へ、軽やかに自由に移動します。

 

どの生物も、それぞれの能力をもっていて素晴らしく、

一生懸命、健気に生きている姿を見せてもらえました。

 

 

名残惜しくキナバタンガン川を後にし、帰路つきます。

 

 

サンダカン空港までの道、およそ2時間。

車窓から見えるのは、見渡す限りのアブラヤシプランテーション。

地平線の彼方まで、アブラヤシしか植わっていません。

ここには、生物多様性のかけらも見受けられません。

 

 

 

 

 

 

走っても走っても、アブラヤシ。

 

 

 

 

 

 

私たち日本人のパーム油の使用量から換算すると、1人当たり、

およそ10平方メートルのアブラヤシ畑所有していることになるそうです。

わたしたちの、何気ない買い物や外食なが、このアブラヤシ畑に

繋がっています。多くの命を奪ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

ときどき、簡素なおうちが見えました。

プランテーションで働く人たちの住まいでしょうか。

 

アブラヤシの実の収穫は、大変な重労働だそうです。

 

 

 

 

 

 

お札には、アブラヤシが描かれていました。

国民に仕事を与えて、貧しい国を豊かにするために植えられたのでしょうね。

 

小さな農園の人たちは、子どもを学校に通わせるのに必死なのかもしれない。

子どもも働いているのかもしれない。

 

パーム油(植物油脂)の多く、8割〜9割は、食品として使われいます。

たいていは、低価格のものや、効率を重視されられたものに使われています。

この労働や、自然への壊滅的なダメージに見合ったお金で買っているでしょうか。

 

なんとか企業に調達方法を改めてもらい、持続可能な農園を増やしてもらい、

科学の力で、同じ敷地からより多くの油を採れるように研究してもらいたい。

 

 

末端の私たちが今すぐ起こせる行動は「お買い物を見直す」でしょうか。

パーム油に限ったことはないですけれど。。。

 

 

 

 

 

 

コタキナバルへ向かう飛行機の窓から、アブラヤシ畑、

マングローブ林の中を蛇行する川、威武凛凛としたキナバル山。

海に建てられた、高床式の住まいなども見えました。

 

 

 

最後に、一時間くらいしかなたっかけれど立ち寄った、 

ロッカウィ・ワイルドライフパーク。

厳密には動物園ではないのですが、動物園のような場所です。

 

地元の子どもたちのための、教育施設として、

ボルネオの生物が飼育されていて、一時的な保護施設としての

役割も担っているそうです。

 

 

 

 

 

 

ボルネオにもスマトラサイというサイがいます。

ですが、この施設や野生ゾウの暮らしているサバ州では

絶滅宣言がありました。

ボルネオ島全体でも、限りなく絶滅に近いとされています。

入口には、スマトラサイの骨格標本が置かれていました。

 

 

 

 

 

 

 

ボルネオゾウがたくさんいます。仔ゾウばかりです。

理由はいろいろですが、母ゾウや群れとはぐれて保護されています。

 

 

 

 

 

 

裏には赤ちゃんゾウもたくさんいました。

害獣として毒殺され、赤ちゃんだったため毒を食べずに

助かっているとも聞きました。

そのショックで、PSTD(心的外傷後ストレス障害)で、

エサをちゃんと食べられず、はき戻しの酷い仔もいます。

 

群れで仲間を大切にするゾウが、赤ちゃんや仔ゾウを

放っていく訳がありません。よっぽどの理由なのでしょうね。

 

ミルク代やエサも十分足りずに、保護されながらもなくなる仔も

多いのだそうです。

 

 

 

 

 

 

オスゾウが多いように思いました。

オスは大人になると、大きくなるばかりか気性が荒くなるので、

飼育が難しくなります。

群れでいろいろを教わっていないので、安易に野生に戻すわけにもいきません。

 

 

 

 

 

 

マレーグマちゃんは、運動不足と、もしかしたらお客さんがエサを

あげてしまっているのかもしれませんが、ころっころでした。

 

 

 

 

 

 

 

オランウータンもたくさんいました。

 

 

 

 

 

 

森で、生き生きとして見えた動物たちのことを思い出します。

 

 

 

 

 

 

 

私は、特別な知識や技術も、語学力も影響力も、なんにも持っていません。

恵みをいただきっぱなし、消費するばかりのの人生。

なんだか空虚さを感じた時に、ゾウさん、そしてボルネオゾウさんに出会いました。

自分がこんなにボルネオに結びつくなんて考えてもいませんでしたが、

これもなにかのご縁ですね。

 

動物たちが移動できるよう、つぎはぎに残された森を繋いでもらい、

その土地を買い戻してもらえるのに、

せっせと募金することくらいしか、思い浮かびません。

 

第2と第4の火曜日に、チャリティーフリマを。

お店でもチャリティー商品を少し扱っています。

よければ時々、一緒に応援して下さいね!

 

あと、ブログがお店のことより、ボルネオ率が高いのですが、

ボルネオモードだね。くらいのお心持ちで、どうぞよろしくお願いします。

 

あと、皆さんの気づきや、応援しているものをシェアして下さいね。

私も知って、取り入れていきたいです。

 

知ると辛いことはたくさんありますが、

知らなかったことで後悔するよりは、いいかな。

 

 

 

読んで下さって、ありがとうございました!

 

 

 

  

               おしまい

 

 

| ボルネオとのつながり | 01:01 | comments(2) | - | - | - |
ふくちゃんの故郷へ4

 

朝。

宿のランサットの木に、同じオランウータンちゃんがいました。

 

いろんな鳥の鳴き声を聞きながらの清々しいクルーズに出発。

 

 

 

 

 

 

 

 

テングザルの女の子?かな。

葉っぱを食べてます。

テングザルって争いを好まないんですって。

だから、人気のない熟していない青い実を食べたりするそうです。

大人のオスは立派な長いお鼻を持っていて、強いオスはハーレムをつくります。

 

 

 

 

 

 

 

 

立派なイチジクの木に、オスのオランウータンがいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熟れていて、とってもおいしそう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

途中で支流に入ると、西表島と雰囲気が似ていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

マングローブヘビさん、お休み中。

 

 

 

 

 

 

 

このあと、三日月湖に出て折り返して・・・

朝ごはんをいただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ご飯は3食とも似た感じで、バットに6種類くらい

野菜炒め数種に、魚やお肉、ときどきカレー的なものがあって、

それを自由にとります。早い者勝ちな感じ。

ジャスミンライスっぽい、香りのついたご飯。

それにスープとフルーツ。

 

 

同宿の日本人のお客さんとお話したり、のんびり。、

寝不足だったので、ちょっとお昼寝したりしてたら、

あっというまに夕方のクルーズの時間に。

 

 

朝とは別の支流に入ると、カニクイザルがいっぱいいました。

赤ちゃんザル、子ザルもいっぱい。

くるくると遊びまわっていました。

 

 

 

 

 

船がそばにいても物怖じすることなく、ずっと食べ続けていた子。

 

 

 

 

 

 

とっても大きくて、存在感たっぷり。

綺麗な色をしていたコウハシショウビン。

 

 

 

 

 

 

なんだか色あせて撮れてしまっているけど、大きな口ばしが真っ赤で、

翼は光を受けると、キラキラ★☆

夜のクルージングでは、木にとまって寝ている姿もみられました。

 

 

 

 

 

 

オオトカゲ。歩き方が愛嬌あったなぁ。

 

 

 

 

 

 

個人的に わぁ!となったモダマ。

西表や石垣島のジャングルにも、自生しています。

八重山のものより、ふっくらしていました。

もしかしたら、ボルネオから種が流れついていたのかな。。

 

 

 

さて。。。

ここまで読んで下さって、さすがジャングル、いろんな生き物がいるのだなぁ〜

って思われたかもしれませんが、、、、

 

 

この川沿いに、動物の住むことができない地帯があります。

ヤシの木ばかりが植わっているところです。

アブラヤシのプランテーション(大規模農園)です。

 

 

 

 

 

 

 

このスーパー植物の実から、たくさんのパーム油がとれます。

私達も、知らず知らずのうちに1年に4kgも使ったり食べたりしている油です。

外食が多い方は、もっと摂っているかもしれません。

私は、食器洗いの洗剤などで、人より多く使っていると思います。

 

森林伐採などでも、森は随分と失われているのですが、

もっと酷いとされているのは農園開発。皆伐されてしまうのです。

 

キナバタンガン川沿いぎりぎりにも、アブラヤシ畑が迫っている場所が

たくさんありました。

森のように見えても、実は生垣のように薄っぺらくて、その奥は農園なのです。

 

川沿いに残されたわずかな森に、生き物が集まって一生懸命に生きている

姿を見せてもらえていたのです。

 

 

 

 

 

支流の奥に進むと、目の前にアブラヤシ農園が広がりました。

空ばっかりが広くて、生き物の息づかいがまるで感じられない場所。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもそこに……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一頭のゾウさんがいたんです・・・・!

 

 

 

 

少しお年を召した感じで、穏やかに、ゆっくりと、草を食んでいました。

風に吹かれて草がそよぐ中、静かに佇み、

西日を受けて輝いているように見えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まるで微笑むように刻まれたお皺は、仏様のよう。

五月蠅い私達をものともせず。

 

 

けれど、向こう側にはアブラヤシ。

同じ緑なのに、人間にしか見えない結界があるのです。

そこを踏み越えれば、森の賢者も害獣とされ、駆除の対象となってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

尾の先にお怪我の跡がありました。いつのかな。どうしたのかな。

20年くらい前までは、もっと森が残っていたらしいので、

このおばあちゃまゾウが歩んできた日々を思いました。

 

 

 

経験豊富で、きっと生き抜く知恵をたくさん持っていて、

それを、自分の子ども達や仲間にしっかりと伝えてくれているはず。

そう信じたいです。

 

この旅で、一番心に残った出会いでした。

 

 

 

 

 

 

 

本流へ戻るときに見た、吊り橋を歩くシルバーモンキー。

頭のてっぺんの毛がつん!と経っているから、ベッカムモンキーって

呼ばれていました。

ベッカム選手って、さすがグローバルですね。

 

 

おサルさん達は果敢にも、川に飛び込んで泳いで渡ることができます。

けれどオランウータンは、泳ぐことができないので、

離れ小島のように残され、点在している森を移動できず、

餌やパートナーを見つけられず、命を繋ぐことができないのです。

そんなオランウータンのために架けられた橋なのですが、

他のおサルさんが使うことのほうが、ずっと多いようです。

 

 

 

本流に戻り、すれ違った船の船頭さんが後方を指さし

耳のあたりに手をかざして、ヒラヒラとさせたので、

え・・まさか・・・・・・??と思ったら・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんと、また、ゾウの群れに遭遇することができたのです・・・!

エレファントグラスって呼ばれていましたが、この草が好物なんですね。

ゾウさんたち、イネ科の植物が好きなんです。

夕方涼しくなって、活動的になったんでしょうね。

 

バキッ。ポキッツ。

20頭以上はいたはずです。

前日と同じ群れなのかな?仔ゾウもいっぱいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

生まれてまだ3ヶ月くらいの大きさの仔ゾウちゃんも

お母さんゾウの影から姿を現しました。

 

 

 

 

 

 

お姉ちゃん、お兄ちゃんゾウもいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

赤ちゃんが、お母さんのお乳をもらいに。

 

 

 

 

 

 

 

 

そしたら、反対側からお兄ちゃんが駆け寄ってきて、

ぼくもちょうだい!!って・・・!!!

 

 

とってもとっても、愛おしい風景でした。

 

 

あたりが薄暗くなってきて、雨雲が垂れ込めだし、

大サービスで時間を延長してくれていた船頭さんが

エンジンを吹かして、ゾウの群れから離れました。

見えなくなるまで目で追いました。

ゾウたちは、当たり前に草を食べ続けていました。

 

 

宿についてほどなく、雨がポツリポツリ。

次第に雨足が強まり、熱帯雨林らしく一晩中激しく振り続けたので、

楽しみにしていたナイトウォークはできませんでした。

 

お部屋も雨漏り。ベットの上にも水が垂れてきましたが、

なんとか隅っこの方で眠りました。

 

雨の中でも、ゾウさんは食べ続けていたのかな。

 

 

 

                       つづく

 

 

| ボルネオとのつながり | 08:42 | comments(2) | - | - | - |
ふくちゃんの故郷へ 3

 

 

宿から、朝と夕方に船が出ます。

 

乗っているだけでも気持ちがいい。

 

上流に向った船が、すぐに折り返した。

 

 

 

〜? と思っていると、、、、

 

 

 

いきなり、ゾウの群れが!

 

 

はじめ、ゾウがいる気配を感じながらも、

水草がユラユラ揺れているだけだったのですが、

次第にゾウさんの姿がチラチラ。

 

 

エンジンをとめて、岸に船を寄せてお姿をみせてもらいます。

結構近くに寄っている船もあったので心配したけれど(ゾウの)

そんなこと全くお構いなしに、草をなぎ倒し、食んでいました。

 

 

 

 

 

 

 

沐浴していたゾウさん。

大サービスショット、ズームしておさめました。

 

 

 

 

 

 

 

 

草の陰から、お背中や、お耳をひらひらさせているのが、

チラッチラッとみえて、わくわくしました。

 

 

 

 

 

 

 

小さな子もたくさんいました。

背中に土をかけていて、嬉しくなります。

 

 

 

 

 

この木は、かゆいところをこするのにちょうどいいみたいで、

とっても人気で、いろんな子がカキカキしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

姿が見えるのは、10頭くらいだったけれど、

あちこちでガサゴソと草が揺れて、バキバキと折れる音。

ブルブル・・・パオ!パオ! パォ!

20頭から30頭の群れだったと思います。

 

 

2時間のクルーズもあっというま。

次第に日が傾いてきて見えにくくなってきたのだけれど、

ゾウさんたちは食べ続けていました。

涼しい風が吹いて、今からがいい時間なのかな。

 

 

 

 

 

 

 

ボルネオに通っている方たちでも、ゾウには出会ったことがない方が

多かったので、少しも期待していなかったのです。

人目に触れず、こっそり暮らしてくれていたらいいなぁ〜という

思いもあったのですが……やっぱり嬉しい。

 

 

無心に食べる姿、生きている姿が、ただただ嬉しい、

いろんな想いがこみ上げてきて、視界が滲みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初日はナイトクルーズもありました。

ワニの赤ちゃんや、お休み中の鳥さんたち。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クロアカヒロハシって鳥さんが、5羽。

ぎゅうぎゅうにくっついて眠っていたの、可愛かったな。

 

   

 

 

 

 

 

 

                    つづく

 

 

| ボルネオとのつながり | 00:38 | comments(0) | - | - | - |
ふくちゃんの故郷へ 2

 

セピロックを出発して自動車で二時間あまり。

560kmにも渡るボルネオの大河、キナバタンガン川沿いにある

ビリ村(ビリッ村)の宿に到着しました。

 

 


 

 

 

ここについてすぐ宿の人が、「オランウータンがいるよ」って

教えてくれました。

宿泊棟に植わっているランサット(ランサ)という木の実を食べに、

毎日姿を見せてくれた、女の子オランウータンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

瞳がキラキラとしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

下の人間を、見下ろしてくるの。

 

 

 

 

 

 

下唇をうまくうごかして、下に皮をおとします。

私、真似がうまいんですよ。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

すぐお隣で、リスさんも一生懸命たべていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オランウータンのたべかす。

 

 

 

 

 

 

 

 

おなかいっぱいになった後は、別の木に移り、

葉っぱでベッドをつくって、お昼していました。

 

 

 

 

そのあと、近くの森を宿のガイドさんに連れられて散策。

ここでも、親子のオランウータンに会えました。

とっても、高い高い木にいました。

ちゃんとした長ズボンじゃなく、半パンにスパッツだったため

凄く蚊に襲われました!!

でも、諏訪森の蚊で慣れてるので、平気でした。

諏訪森の蚊の方が酷い気がする〜

 

 

 

 

 

 

 

展望台からの眺めです。

長さキが560kmにも及ぶ雄大な流れ、キナバタンガン川です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宿から、朝・夕・夜に、ボートを出してもらえます。

他のお客さんと一緒に、クルーズに出発。

 

 

 

                        つづく

 

 

 

 

| ボルネオとのつながり | 23:23 | comments(0) | - | - | - |
ふくちゃんの故郷へ 1

 

夏休み、どうしても行ってみたかったボルネオへ行ってきました。

私のお気に入りのゾウさん、ボルネオゾウふくちゃんの故郷です。

 

 

アジアの熱帯雨林の島、ボルネオ・・・

日本から案外近いです。

 


 

 

 

今まで知らなかったのですが、韓国経由、台湾経由・・・

いろんな行き方があるみたいです。

空席事情&予算&時間の都合で、LCCを掛け合わせ香港経由で。

 

 

まず、ボルネオ島のコタキナバルという主要都市につきます。

到着したのは、22時半くらいだったかな?

24時まではず開いているという両替所が、とっくに閉まっていた!!

南国気質??

街までのタクシーチケット販売されてる窓口のおばさんに相談して

日本円で支払わせてもらいました。

日本人ってだけで有難いな・・・と感謝。

小さなホテルだったので、当てにしていたホテルでも両替できず!

ATMにいくパワーが残っていなかったので、早朝迎えに来てもらった

タクシーのおじさんにも相談して、また日本円で払わせてもらった。

もちろん割増し価格だったので、おじさんもニコニコ。よかった。。

 

 

すでに疲れ切っていたのだけれど、国内線にのり「サンダカン」

という空港まで。そこからは、手配していた自動車に乗せて

もらっての移動です。

 

 

まずセピロックという場所にある、オランウータンの保護施設へ。

森の中にあります。

 

 

 


 

 

この右手の大きな木の高いところに、若いオランウータンがいて、

下を覗きこんでいるのが見え、オランウータンが木の上にいるって

ほんとは当たり前のことなのに、感動してしまいました!!!

人間観察していていました!!!

 

 

 

 

 

 

荷物はすべてロッカーに預けて入ります。

カメラの持ち込みは有料。

 

中は、木道を歩いて回れるようになっています。

板根のりっぱな木なども、生えていました。

 

 

 

 

 

ここ「セピロック オランウータン リハビリテーションセンター」

には、住処を失ったり、怪我を負って森で暮らせなくなった

オランウータンたちを、森で返すまでのリハビリが行われています。

 

ペットにするための密猟(可愛い赤ちゃんを引き離すため、親は殺されます)

あとは、伐採や農園開発の為の害獣として殺されたり、捕らえられたり…

 

オランウータンのお母さんは、6年とか8年をかけて、つきっきりで愛情深く、

森で生きる術を教えます。

想像する限りですが・・・木の登り方、移動の仕方、雨風のしのぎ方、寝床の作り方、

口にしてよい葉や木の実のこと、森のほかの生物のこと、そして

新しい命の宿し方、育て方・・最後に、親離れの仕方・・・・

どれだけのことを伝えているのでしょうか。

その代りを人間がするなんて、難しそうです。

目の前で親を殺された子も多いと思うと、切ないです。

 

 

けれど、保護施設では、元気いっぱいの愛くるしい姿を

たくさん見せてもらえました。

 

 

 

 

小さな子が、遊んだり、トレーニングをするーという場所。

ガラス張り(マジックミラーになっているらしい)の

ナーサリーという施設です。

 

いたずらっ子、はしゃいで取っ組み合いする子、

すみっこでじとしている子。

やっぱり、性格がいろいろあるんですね。

 

 

 

1日2回のフィーディングタイム。

 

時間になると、観覧場所と少し離れた場所に設えられた

ウッドデッキに、スタッフの方がおいしそうなものが

入ったかごを運んできます。

すると、森でそれぞれに過ごしていた子たちが、集まってきます。

カニクイザルやリスだとか、ほかの動物も便乗して集まってきます。

 

 

 

 

 

 

おいしそうなもの、物色中・・・

 


 

 

 

 

 

カニクイザルと背中並べて食べているの、かわいかった。

エサが豊富にあると、けんかになったりしないんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、やっぱり気になるみたいで、チェックしてました。

 

 

 

 

 

 

 

器用においしいとこだけいただいて、皮はポイッとしてました。

 

 

 

 

 

 

 

欲張りしてた子。

 

 

オランウータンの施設の向かいには、マレーグマの保護施設もあります。

 

 

 

世界で一番ちいさなクマさんです。

中でも、ボルネオの子は、さらに小さいそうです。

 

 

 

 

 

 

無心で、木をほじくっていました。

ほんとかわいかった!!!!

オランウータンのような餌やりなどはないのですが、

かわりに自然な姿をたのしませてもらえます。

 

旅の日程がつめつめだったので、ここは30分しか時間がさけず・・・

もうすこしじっくり回りたかったな・・・・・

 

マレーグマも、おなじく子どもをペットにするための密猟。

プランテーション開発のために、害獣扱いによる殺傷。

そして、漢方薬のための胆のうや、熊の手などをとるための密猟・・。

マレーグマの足の裏って、人間みたいに地肌っぽくて、

ほんとにほんとに、可愛らしいのですよ。

 

マレーグマなどは、知らないうちに絶滅してしまうこと危惧されています。

マレーグマは、大きな果物の種を飲み込んで運ぶ「植林家」であり

シロアリを食べて数をコントロールする「医者」であり

蜂の巣穴を掘り、その穴でサイチョウという大きな鳥が住める

ということで「エンジニア」でもあるそうです。

 

生態系の保たれた健全な森のため、重要な役割を担う大切な尊い一員です。

 

 

 

 

 

 

 

 

| ボルネオとのつながり | 21:38 | comments(0) | - | - | - |