こよみ
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
近ごろの記事
お便り
引きだし
今までの記事
つながり
携帯でもどうぞ!
qrcode
ちょっとおすすめ
ちょっとおすすめ
ちょっとおすすめ
RAINBOW MAKER SINGLE
RAINBOW MAKER SINGLE (JUGEMレビュー »)

太陽電池が光を集めて、動きだし、下のクリスタルから、小さな虹がたくさん生まれて、くるくると踊り出して、見慣れた部屋が異空間に!
健全にトリップできます。
ちょっとおすすめ
星の使者―ガリレオ・ガリレイ
星の使者―ガリレオ・ガリレイ (JUGEMレビュー »)
ピーター シス
緻密で美しい挿絵1枚に、どれほどの時間を費やされているのでしょうか。マクロとミクロが共存する世界。原画が、見てみたいです。
シスの絵本はどれも好きですが、個人的に、ガリレオ・ガリレイが好きなので、こちらを。

ちょっとおすすめ
Wood
Wood (JUGEMレビュー »)
Andy Goldsworthy
アンディ・ゴールズワージーの作品集「Wood」。石、枝、棘、土、雪、氷柱、花、自然の素材を使いつつ丁寧に創り上げられた、なんとも不思議で不気味でオカルト的でもある、美しい世界。
写真集は他にも、「Stone」「Wall」「Time」・・いろいろあります。
異質ながらも、自然に溶け込むインスタレーション、生で体感してみたいです!!
ちょっとおすすめ
ヘンリー・ダーガー 非現実の王国で
ヘンリー・ダーガー 非現実の王国で (JUGEMレビュー »)
ジョン・M. マグレガー
ミステリアスで孤独な一生を送ったヘンリー・ダーガーが亡くなる直前に見つかった、世界一の長編とも言われる、子供を奴隷にする残虐な大人たちと戦う、七人姉妹ヴィヴィアンガールズの物語。300枚を超えるダーガーの手による挿絵の、美しさと、可愛らしさと、残酷さと、奇妙さと・・。
ダーガーが自分自身のために創り上げた王国を、覗いてしまうことの背徳感。痛いぐらい哀しくて、強い。絶望、孤独、狂気から生まれた創作活動の純粋性を思うと、ほんと凄いです・・・!


ちょっとおすすめ
日本の島ガイド シマダス
日本の島ガイド シマダス (JUGEMレビュー »)

日本の全有人島と主な無人島あわせて1,000島以上のさまざまな最新情報を満載。
知らない島に住む人たち、お祭り、歴史、文化、そしておいしい特産品。
私ってなんて、無知なのかしら!と実感させられます。
まだ、一度も目を通していない頁たくさんあります。
トラックバック
自己紹介
その他

き・ゆ・ぬ・は・ぴ・る

ちょっと沖縄テイスト、喫茶ハピルのあさなゆうな
中ゆくい

 

台風12号が、熱帯低気圧に変わりましたが

日本各地での雨が心配ですね。

 

 

6日(火)は定休日となっております。

 

 

++++++++++++++++++++++++++

 

 

IMAX3Dで、ジャングル・ブックを観ました。

3Dってすごいですね。迫力ありました。

 

生息地ごちゃまでだけど、いろんな動物が。

インドサイとかセンザンコウとか。

 

仔ゾウさんがかわいかった。。

ちょっと小走り気味なのとか、好奇心がいっぱいなのとか、

白目むきがちなのとか、リアルだった。

 

ディズニーアニメ版のジャングル・ブックが好きで

バイト代でレーザーディスクを買って、何度も観たっけ。

歌がたのしいの。

アニメの仔ゾウさんは、ふくちゃんみたいにフサフサ頭だったはず。

観かえしたいけど、レーザーディスクって…(涙)

 

 

 

 

| 休日のハピル | 23:38 | comments(0) | - | - | - |
天王寺動物園界隈で

 

新世界という濃厚な立地にありながら爽やかなカフェギャラリー、

通天閣ビューの*kirin*さんで好評開催中の

『あにまるぱらだいす展 vol.10』(8月28日まで)を覗いてきました。

 

 

 

 

 

 

ARK(アニマルレフュージ関西)やボルネオ保全トラストジャパンの

動物保護活動や環境活動を支援されているヴィークラフトさんの

ワイヤーピックやオーナメント。

モンベルの端布を使った製品など。。

 

 

 

 

 

イラストレータさんの作ったぬいぐるみは。

むっちりとしていて可愛らしったです!

 

 

 

 

 

 

 

他にも、動物モチーフの作家さんの作品が並んでいました。

 

 

 

 

 

 

残暑お見舞い用に、ハガキも数枚買って帰りました!

 

カフェギャラリー*kirin * http://www.eonet.ne.jp/~kirin-cafe/

 

 

 

+++++++++++++++++++++++++++++++

 

 

 

天王寺動物園で終戦日前後に毎年行われている【戦時中の動物園展】

(8月9日〜21日)も覗いてきました。

 

 

 

 

 

原飼育員に懐いていたヒョウ。

毒入りの餌を吐き出すため、仕方なく絞め殺すことに。

飼育員を信頼していたヒョウは、おとなしく首にロープを

欠けられたのだそうです……

 

 

 

 

チンパンジーのリタ嬢とロイドくんは、軍服を着せられたりして

戦意高揚に利用されました。

ロイド君は敵性語として、勝太に改名されたそうです。

 

 

 

 

人気ものだった、アジアゾウの常盤ちゃん・・・ 

私好みの、頭でっかちのぽっちゃり体系、

日の丸が虚しいですね。

お友達のランプールちゃんと共に、昭和17年、

栄養失調のため命絶えました。

 

 

 

 

健気に、いろいろと協力してくれ、

人間を喜ばせてくれていたのに。

 

 

 

 

 

 

ひっそりと佇む園内の慰霊碑に、そっと手を合わせました。

 

 

 

 

 

 

 

ああ、動物たちの立派な毛皮が気の毒です。

みんな暑さで、ぐったりしていました.......

 

 

 

 

 

ラニー博子さんは、ちょうどシャワータイムでした。

お庭のお水まきしているとき、いつもゾウさんのこと思い出してます。

一度でいいから、お水浴びの担当になりたい。

 

 

 

 

 

 

クロサイのサミアちゃんは、日陰でボール遊びしていました。

 

今生きている動物園の子たちの飼育環境、良くしてもらえますように!!

 

| 休日のハピル | 23:48 | comments(0) | - | - | - |
カレーと地獄

 

お客さんとおいしいカレー屋さんの情報交換をしていて

一緒に行きましょうってお約束した、『ボタニカリー』

お仕事シフトを合わせてもらっているのに、

月曜日となると臨時休業で、なかなかたどり着けなかったのだけれど、

ついに・・・!

 

 

 

 

 

 

 

1時間前に整理券を配るとのことで、積年の思い?を晴らすべく、

1番と2番のを手にできました。

 

 

 

 

 

色とりどりのピクルスが目にもおいしい、合いがけです。

店名からの勝手なイメージとは違って、ロックが流れる中、

おいしくいただきました。

画像でおたのしみください。

 

 

 

++++++++++++++++++++++++++

 

 

そして、1日は映画の日でした! 

観たのは、気になっていた、TOO YOUNG TO DIE → 

 

地獄のハリボテ感(お芝居みたいなの)とか、

予想外の天国とか。

クドカン節きいていて、かなり笑えました。

キャストが、毎度の大人計画のメンバーに合わせ、

ミュージシャンなど、豪華な顔ぶれ。

撮影、楽しかっただろうなぁ〜って思いました。

 

DVDでもいいかなぁ〜と思っていたけど、

大画面で爆音で鑑賞できてよかった。爽快。

めちゃくちゃな設定だけど、ほろっときた。

現生での悲喜こもごも、地獄での悪あがきが愛おしくなるかも・・?

 

途中、まさかのゾウさん、しかも仔ゾウさんの動画!

あのこ、どこのこ?ということが、気になって仕方がない。

シネコンの予告って、地球滅亡系(洋画)と、不治の病系(邦画)が、

絶対含まれてるような気がする〜

 

 

 

| 休日のハピル | 09:52 | comments(0) | - | - | - |
浴衣のゆくえ

 

7月も後半に・・・!!

 

夏休みもはじまりましたね。

子どもさんづれのお客さんが増えました ^^

ちかごろは、日焼けをしたがらないお子さん、

させたがらない親御さんも多いとか。

確かに焼きすぎはお肌に悪いかも??ですが、なんだ寂しいですね。

つやつやと黒光りしている小学生を見ると、ほっとしてしまいます。

夏のいい思い出、いっぱいできるといいな。

 

今年は、浴衣に袖を通さずに終わりそうな予感。

夏も人生も、あっというまですね。

 

もう柄行や色合いが、年齢的に厳しいな。。と思う浴衣。

自分ではじめて買った浴衣。

アンティーク着物に憧れるものの、裄や着丈の問題あり。

そんな私にちょぴり「風」を愉しませてくれた浴衣。

麻の葉もように、大ぶりのピンクのお花。

郡上おどり持っていったなぁ〜。ほんとにみんな徹夜で踊っていたなぁ。

チン電の貸切イベントで来たなぁ。若かったよなぁ。。と思いでいっぱい。

 

そういえば、ジョッキを倒して膝の上にビールをぶちまけたんだった。

そんなシミがのこっているので、人に譲りにくい、、、、

けれど捨てるには忍びない・・・悶々。。。。

出してきては、しまっての数年を経て・・・・・

 

 

 

 

 

 

水野鍛錬所さんの切れ味抜群な糸切り鋏でほどいて・・・・・

 

 

 

 

 

日傘に生まれかわりました♪♪

うれしい!

 

このあいだのお休みに、空堀まで日傘作りを教えてもらいに行ったのです。

前日、解くのに時間がかかりました。

プリントの生地なので、裏が白っぽくてちょっと残念。

染の浴衣だと、裏側も素敵ですね。

プレタサイズの既成の浴衣だったので、主にミシン縫いだったため。

手縫いのところは、実にほどきやすかったです。

ミシン跡は、大きな針穴も残り、生地が傷んでしまっていました。

昔の人のされていたことは、本当に理にかなっていて感心するばかり。

解いて、繋いで、洗い、染め直し、仕立て直し、また解いて、

のちはふきんか、はたまたおむつか。。。

 

まだ余っている部分があるので、何を作ろうかなぁ。

上着にしようかな?と鏡の前で当ててみたけれど、、、、

外国人にプレゼントしたら喜ばれるかも??な感じでした。

無難に、手提げがいいかな。

 

 

空堀に向かうのに地下鉄にのったら、生茶の中吊りに波瑠さんの着物姿。

帯が、ミナペルホネンの生地でした。半襟もカラフル。

帯留めは3つ、つけられてました。

 

 

 

 

 

駅校内には、金麦の大きな大きなポスター。

 

 

 

 

夏になるとたくさんの浴衣姿の広告が登場しますが、

今年もやっぱり壇れいさんのが、一番印象に残る。

注染の葡萄柄の浴衣は、竺仙さんのかな〜?

帯はもしかしたら、、、たぶん、、、

沖縄の花織かロートン??近づいてじっくり見たけれど、

色が淡いせいもあって、よくわからなかった。

檀さんの麗しい姿も合わせて、もう一度愛でたいな。

 

 

日傘作り教えて頂いたのはこちらのお店です→

空堀商店街の中ほどあたり、こんぶの土居さんのちかく、

旧ヤム邸(カレー屋さん)の前です!

日傘以外にも、鞄やお洋服の作り方も教えてもらえますよ!

| 休日のハピル | 00:35 | comments(0) | - | - | - |
七まち ひな飾りめぐり

3月3日から開催されている、
七まちの ひな飾りめぐりを少し覗いてきました。






お花畑のひな壇。








水野鍛錬所さん。

http://www.mizunotanrenjo.jp/

毎年、見事なしつらえ。






ひな飾りめぐりのポスターのイラスト、
野々村ゆみこさんの原画も、飾られていました。







お二階。。
水野家の3世代のひな飾りが。







こまごまとしたものも。

ひな飾りの前で、いろいろと遊んだ日のこと
思い返しちゃいます。


あと、水野さんにおすすめしてもらった、
会期中この日だけの公開という、
堺鉄砲館横の、浅香邸へ。






80ン年前のものっておっしゃっていたかな??






毎年ちゃんと飾られていたようで、
風通しよさが感じられる、お人形たち。
お薄もふるまっていただけたんです。。
なんだか、特別な日。







老舗のお香や「香主堂」さんの前を通り、七道駅へ。

回りきれませんでした。。


こちらのmapを手に、巡って下さいね!

http://www.nanamachi.com/2016panf/




その後、足をのばして・・・・・









古代との交信。



その後、NU茶屋町横にある茶屋町画廊へ。

http://chayamachi.com/






「das Gebet」 堀江靖之 展を観に。

はじめての西表旅をともにした、
学生時代の先輩と待ちあわせ。

20年ほど前、私たちが西表に行くと話したところ、
大学時代の同級生が、西表で自然ガイドをしているよ〜と
紹介して下さった、堀江先生。
懐かしい油絵の具の匂い。


西表のロビンソン小屋を、どうぞよろしくお願いします!





 
| 休日のハピル | 22:55 | comments(0) | - | - | - |
お花見と喫茶

おやすみ。
用事をすませて、午後からちょっと遠めのお散歩。








ユキヤナギが、咲き始めていました♪









桜はまだ蕾。








梅は、紅梅など早咲きのものから、チラホラ。










久しぶりの大阪城公園でした!
その後、久しぶりに空堀の方へ行ってみました。








はじめて通った道に、カフェ併設の古本屋さんができていました。
三線を弾いてる人がいました。
お店の方が猫好きらしく、猫もの増やしていきますとのこと。
抜けていた、猫村さんの3巻を買って帰りました。
http://sarubuilding.info/







たくさん歩いて、体も冷え切ったので、
味わい深い路地の奥にある和紅茶とハーブティのお店「美龍」さんへ。








和紅茶のメニューが10種ほど。
ハーブティーもたくさん揃っていて、
効能を選んでブレンドもしてもらえるようですよ。






おすすめしていただいた、三重の玉露紅茶。
甘くって、とろみが感じられて、
ほんとにおいしかったです〜。
渋味が出ないということで、お湯も足して下さいました。

添えられてたクッキー。
「人を食ってください。」ですって!






お客さんに貸してもらっている「洞窟おじさん」を読み進めました。
長くお借りしすぎていて、すいません・・・。
ちがうお客さんに、又吉さんの「火花」も貸してもらっているので
焦ってきました。







「美龍」さんに、釧路の動物園にいるホッキョクグマ
ミルクちゃんのご本「ミラクルミルク」繋がりで、
訪れてみました♪

ランチもされているようですよ!
空堀商店街から、すぐです!




 
| 休日のハピル | 22:12 | comments(0) | - | - | - |
左様ならば.....


今年も残すところ、僅かとなりました。


30日に、大丸心斎橋店が老朽化による建て替えのため
閉店となりましたね。
苦渋の決断かとは思いますが、残念ですね。
重厚感をの遺しつつ、上手く改装されればいいですね!








あちこちに、雪の結晶や★があるので、
まじまじ見たり、新しく見つけたりするのが
大好きでした。








やりすぎ感さえ覚える、1階メインホール。
どっぷりと浸れる、アールデコの森。
惜しみなき、技と贅と時間を感じられる。
さすが、W.M.ヴォーリズの名建築。
日本人の記憶にはない世界ですね。







以前、お店の隣のお家のご主人さんに
お話をきかせてもらったのですが、
ご主人さんのご両親が、はじめてデートされたのが、
大丸の喫茶店だったのだそう。
中二階にヴォーリズの名を冠した喫茶室がありましたが、
そこだったのかな。

往時の賑わい、華やぎに想いを馳せました。



話がそれますが・・・
「みなとえきまえ かていかしつ」の中で
cozyさんという方の記事のファンなんです。

・・・・・・・2015年8月号より抜粋

大阪が好きだと心から言えたのは三十歳代ぐらいまででしょうか。
〜中略〜
大阪はくいだおれの街、とにかく、子どものころは、
たまの外食で食べるものが、どれもこれもおいしく
感じられました。
今とは違って自家用車を持つ家庭は少なくて、
郊外の国道沿いには、ファミレスや回転ずしも、
王将も天下一品ラーメンもない時代でした。
おいしいものは電車に乗って、都会に出なければ
味わえなかったのです。
日曜日の午前、なんばに向かう電車の中は、
久しぶりに袖を通したいっちょうら(一張羅)の
ナフタリンの匂いがしたものです。

+++++++++++++++++++


ナフタリンの匂い。
とびきりのお洒落をして、出かける場所。

子どものころ連れて行ってもらった百貨店、
食堂で食べた、中華丼にのっていたウズラのたまご。
ハムスターみたいにほっぺに残して、
潰れないようにして持ち帰ろうとしていたのを思い出します。
結局、潰れるんですけれど。








明治以降、大手の呉服店がこぞって、
西洋建築の百貨店となっていきましたが、
そういう意味では、時代の流れなのでしょうか。


現在の心斎橋筋は、外国人韓国客が増え、
老舗は店を閉め、ドラッグストアや
ファストファッションのお店が並ぶ。
でも、これらもいずれ、消えていくのかな。


歴史あるものが壊されるときには、心が痛むものですが、
人間活動によって,壊滅・根絶される自然や生物のことを思うと、
人のつくりだしたものが、失われてしまうことは
淘汰されているのかな・・と納得することにしています。








大丸心斎橋店のあちこちに、化石が埋もれていました。
以前改修工事したときに、分けていただいたアンモナイト。
どこの国から運ばれてきたのかな。
この石が切り出される前の風景....



携わった人々の、信念、心意気が伝わる施された装飾の数々。
大量生産の工業製品には感じられない、ぬくもり。
つくり手の緊張や息遣いが伝わる不思議。
経済や効率を重視しざるを得なくなっている今、
なによりも失って悲しいのは「心」ではないかな....


などと考える年の瀬でした。


では、まもなくですがよいお年をお迎えください!

 
| 休日のハピル | 23:45 | comments(0) | - | - | - |
自転車に乗って

お休み、たまったお家の用事をすませて(途中であきらめて)

自転車にのっておでかけ〜






まずは、元らるごの kotubu さんのところへ
http://ameblo.jp/kotubu2009/








自宅の玄関を利用したお店の前には、
無農薬野菜と、ゾウさん!







acaneya さんの作品も、ぶらさがってましたよ♪








その次は、、ピンクのお店 Petit Bijou さん♪
http://petit-bijou.la-neige-lalala.com/

プチビジューさん、5周年だそうです。
おめでとうございます!!







このところ、毎年、プチビジューさんのチョコレートの
切り株ケーキをお願いしているんです。
大好きです〜〜 今年もお願いしたいな。
クリスマス過ぎてから、お願いしよっと。








自転車ってある程度の移動もできて、立ち止まることもできるので、
大好きです♪ 








最終目的地の、川端ビルに到着ー!








nid de fleurs... ここは、花の巣。








毎年2回開催されている、nidさんのアトリエでの
イベントショップ。

nidさんの、お正月アレンジなどについては、
こちらをご覧くださいね!
http://niddefleurs.blog53.fc2.com/







迷った結果・・・
小さなりんごの入った、生花のブーケと、
森のかわいい仔が集めた宝物みたいなオーナメントを
持ち帰りました。







2回のh-mさんの「小さな洋品展」。
機能美と縫製の確実さに、いつも感動。








お道具は、こんな感じ。美しいですね!

次は、6月ぐらいだったかな・・?
http://hinamade.exblog.jp/


hinaさん、、ジャンルいろいろ、
毎週5本のDVDを借り続けているらしく、
いろいろ、斬新な切り口を聞かせてもらえました♪♪

この間、私の中でタイトルだけがひとり歩きしていた、
「桐島、部活やめるってよ」を借りてみたのですが、
学園もの?青春ね・・・って感じで観ていたら、、
結構ハマれました〜。

なんだか、自分の学生時代のことも思い出すし、
まさかのゾンビ映画テイスト!

部活、帰宅部。
持っているもの、持っていないもの。
得たもの、得られなかったもの。
キュンとなれました。

。。。で、ゾンビ映画もおすすめしてもらったので、
年末のお休みに、観てみよっかな〜。



 
| 休日のハピル | 22:28 | comments(0) | - | - | - |
クリスマスムードの街へ


お休み。

『天王寺おばあちゃんゾウ春子 最後の夏』

というドキュメンタリー映画を観に行きました。





昨年66歳で亡くなった、天王寺動物園の春子さんの物語です。

2歳くらいのまだ仔ゾウの頃、戦後の日本人を元気づけるため

タイから船に乗ってやってくてくれました。

動物園から一歩も出ることなく、

人を喜ばせ続けてくれた春子さん。

それを支えた飼育員さんたち。

スクリーン上とはいえ、大きなゾウが、

生と死の狭間でもがき苦しむ姿は壮絶で、

やがて息絶え、瞳は見開いたままに。



解放された春子さんの魂、自由になっているかな。



『天王寺おばあちゃんゾウ春子 最後の夏』
http://www.tv-osaka.co.jp/movie/haruko/








ビル風吹きすさぶ、スカイビルの麓。

ことしもクリスマス村が現れていました。







ゾウさんの映画、いっしょに行く〜〜と

お供して下さった、年上のお友達。(さて、どなたでしょう?)






ペンギン釣り、してました!

わたしにも、させてくれました。

残念賞いただきました。




街は、クリスマスの設えが施されていていました。

阪急の祝祭広場も、クリスマスのマーケットで、

光りの欠片が、くるくると回っていました。



私がいつも気になるのは、足元にある、くるり。

アンモナイト。

欠けてしまわないでほしいな。










華やかなこの広場で、下を向きながら歩いていたのは、

私だけだったかも。。。







太古に閉じ込められた、星をみつけました。












山口小夜子さんのドキュメンタリー映画の予告が心に残りました。

『氷の花火』

神秘に触れたい。。。

http://yamaguchisayoko.com/

 
| 休日のハピル | 01:05 | comments(0) | - | - | - |
西表のおみやげ

西表のおみやげ。

ボルネオ保全トラスト・ジャパンの理事でもある

横塚眞己人さんの「西表島フィールド図鑑」。







島の動植物が網羅されていて、この一冊を持っていれば、

西表の自然をより楽しめると思います!

見られた植物、会えた生物に

チェックしていくと楽しそうです。



(帰りに買ってしまったので残念××)

http://www.j-n.co.jp/books/?goods_code=978-4-408-32349-7






 

あと、おすすめは、

島には郵便局が西部と東部の二箇所あり、

ひとつはイリオモテヤマネコ、









もうひとつはカンムリワシワシの消印なんですよ〜!







なんといっても国内旅行。

LCCも就航して、より近く感じられます。

日本のジャングルへぜひ!!



ロビンソン小屋、おすすめします♪

http://www.geocities.jp/irumoteap/





 


 

| 休日のハピル | 01:16 | comments(0) | - | - | - |