こよみ
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
近ごろの記事
お便り
引きだし
今までの記事
つながり
携帯でもどうぞ!
qrcode
ちょっとおすすめ
ちょっとおすすめ
ちょっとおすすめ
RAINBOW MAKER SINGLE
RAINBOW MAKER SINGLE (JUGEMレビュー »)

太陽電池が光を集めて、動きだし、下のクリスタルから、小さな虹がたくさん生まれて、くるくると踊り出して、見慣れた部屋が異空間に!
健全にトリップできます。
ちょっとおすすめ
星の使者―ガリレオ・ガリレイ
星の使者―ガリレオ・ガリレイ (JUGEMレビュー »)
ピーター シス
緻密で美しい挿絵1枚に、どれほどの時間を費やされているのでしょうか。マクロとミクロが共存する世界。原画が、見てみたいです。
シスの絵本はどれも好きですが、個人的に、ガリレオ・ガリレイが好きなので、こちらを。

ちょっとおすすめ
Wood
Wood (JUGEMレビュー »)
Andy Goldsworthy
アンディ・ゴールズワージーの作品集「Wood」。石、枝、棘、土、雪、氷柱、花、自然の素材を使いつつ丁寧に創り上げられた、なんとも不思議で不気味でオカルト的でもある、美しい世界。
写真集は他にも、「Stone」「Wall」「Time」・・いろいろあります。
異質ながらも、自然に溶け込むインスタレーション、生で体感してみたいです!!
ちょっとおすすめ
ヘンリー・ダーガー 非現実の王国で
ヘンリー・ダーガー 非現実の王国で (JUGEMレビュー »)
ジョン・M. マグレガー
ミステリアスで孤独な一生を送ったヘンリー・ダーガーが亡くなる直前に見つかった、世界一の長編とも言われる、子供を奴隷にする残虐な大人たちと戦う、七人姉妹ヴィヴィアンガールズの物語。300枚を超えるダーガーの手による挿絵の、美しさと、可愛らしさと、残酷さと、奇妙さと・・。
ダーガーが自分自身のために創り上げた王国を、覗いてしまうことの背徳感。痛いぐらい哀しくて、強い。絶望、孤独、狂気から生まれた創作活動の純粋性を思うと、ほんと凄いです・・・!


ちょっとおすすめ
日本の島ガイド シマダス
日本の島ガイド シマダス (JUGEMレビュー »)

日本の全有人島と主な無人島あわせて1,000島以上のさまざまな最新情報を満載。
知らない島に住む人たち、お祭り、歴史、文化、そしておいしい特産品。
私ってなんて、無知なのかしら!と実感させられます。
まだ、一度も目を通していない頁たくさんあります。
トラックバック
自己紹介
その他

き・ゆ・ぬ・は・ぴ・る

ちょっと沖縄テイスト、喫茶ハピルのあさなゆうな
<< じーまみーのさーたー天 | main | 閉店することになりました・・・ >>
そうだ 西表、行こう。
イシガケチョウ

西表に住んでいるgokkalさんに送ってもらいました。
“イシガケチョウ”です。

喫茶ハピルのハピルは、ちょうちょのことで
島によって、ハビルだったり、ハベルだったりするのですが
初めての沖縄の旅で印象的だったのは、ひらひら舞う、蝶の姿です。
私の中で、ゆったりした時間の象徴のような存在です。

さて・・・・
gokkalさんが、写真を主にした、ブログをはじめたそうなので
ご紹介します。
ときどき、ちょっと哲学的な文章が添えられていますヨ。

西表島は、ほかの離島とは少し違います。
表情豊かな自然を感じさせてくれます。
一番の違いは、深い森と、雄大な川でしょうか。

gokkalさんは島でガイドをされていて、私も何度かかお世話になっていますが
どういったものか、ちょっぴりご紹介します。

ロビンソン小屋

早起きして、カヌー。
カヌーって、あたりまえですがモーター音もしないので
静かな気持ちになれます。
川の流れ、水を感じられます。
目線も低いので、自分も川の漂流物のような、川面を泳ぐ鳥のような
気分になります。

ロビンソン小屋

これは、県内一の落差の滝、ピナイサーラの滝つぼあたり。
もちろん、滝の上にもいけます。
そこから見える、もこもこの森の中を蛇行する川。
その先の広がる海には、魂がゆさぶられます。

ロビンソン小屋

マイナーな場所にも、連れて行ってもらえます。
子供のころ、滝の裏側に住むのに憧れたので、感激でした。
しずくのカーテンがきらめいて、きれいでした。
ここでは、手長えびもつれます。

ロビンソン小屋

森歩きでみつける、はじめてみる植物や生物。
セマルハコガメかわいいです。

珊瑚礁の海で泳げば、カラフルなお魚。
浜で貝殻や珊瑚のかけらを拾って、ふと手をみるとついている星の砂。
ヤドカリ村づくりも楽しいですよ。伝授いたします。
陽が辺りを染めながら、海の向こう側へ消えてゆくのを、
ただぼんやりと眺めていたり。
蛍をみに行ったり、港にねっころがって、流れ星をみつけたり。
そして、朝。響き渡るのは、アカショウビンの鳴き声。

シンプルな喜びに溢れる、西表島へ、どうぞ。
あ、釣り好きな方も。
蝶も、たくさんいます。
関西なまりが全く抜けない、gokkalさんのガイドも愛がこもっています。
ご紹介させていただきますので、お気軽にお声かけてくださいね!

gokkalさんのブログ
西表の釣りと登山>>

ロビンソン小屋>>
| 西表 gokkal | 13:13 | comments(0) | - | - | - |