こよみ
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
近ごろの記事
お便り
引きだし
今までの記事
つながり
携帯でもどうぞ!
qrcode
ちょっとおすすめ
ちょっとおすすめ
ちょっとおすすめ
RAINBOW MAKER SINGLE
RAINBOW MAKER SINGLE (JUGEMレビュー »)

太陽電池が光を集めて、動きだし、下のクリスタルから、小さな虹がたくさん生まれて、くるくると踊り出して、見慣れた部屋が異空間に!
健全にトリップできます。
ちょっとおすすめ
星の使者―ガリレオ・ガリレイ
星の使者―ガリレオ・ガリレイ (JUGEMレビュー »)
ピーター シス
緻密で美しい挿絵1枚に、どれほどの時間を費やされているのでしょうか。マクロとミクロが共存する世界。原画が、見てみたいです。
シスの絵本はどれも好きですが、個人的に、ガリレオ・ガリレイが好きなので、こちらを。

ちょっとおすすめ
Wood
Wood (JUGEMレビュー »)
Andy Goldsworthy
アンディ・ゴールズワージーの作品集「Wood」。石、枝、棘、土、雪、氷柱、花、自然の素材を使いつつ丁寧に創り上げられた、なんとも不思議で不気味でオカルト的でもある、美しい世界。
写真集は他にも、「Stone」「Wall」「Time」・・いろいろあります。
異質ながらも、自然に溶け込むインスタレーション、生で体感してみたいです!!
ちょっとおすすめ
ヘンリー・ダーガー 非現実の王国で
ヘンリー・ダーガー 非現実の王国で (JUGEMレビュー »)
ジョン・M. マグレガー
ミステリアスで孤独な一生を送ったヘンリー・ダーガーが亡くなる直前に見つかった、世界一の長編とも言われる、子供を奴隷にする残虐な大人たちと戦う、七人姉妹ヴィヴィアンガールズの物語。300枚を超えるダーガーの手による挿絵の、美しさと、可愛らしさと、残酷さと、奇妙さと・・。
ダーガーが自分自身のために創り上げた王国を、覗いてしまうことの背徳感。痛いぐらい哀しくて、強い。絶望、孤独、狂気から生まれた創作活動の純粋性を思うと、ほんと凄いです・・・!


ちょっとおすすめ
日本の島ガイド シマダス
日本の島ガイド シマダス (JUGEMレビュー »)

日本の全有人島と主な無人島あわせて1,000島以上のさまざまな最新情報を満載。
知らない島に住む人たち、お祭り、歴史、文化、そしておいしい特産品。
私ってなんて、無知なのかしら!と実感させられます。
まだ、一度も目を通していない頁たくさんあります。
トラックバック
自己紹介
その他

き・ゆ・ぬ・は・ぴ・る

ちょっと沖縄テイスト、喫茶ハピルのあさなゆうな
<< 第2と3の火曜日は、フリマしてます | main | 営業日のお知らせ >>
センチメンタルな旅

 

 

 

 

先月、友人が社会人となって間もない頃に時折寄っていたという

喫茶店に連れて行ってもらった。

お年を召されたようだけれど現役で頑張っておられるご主人はキビキビとされ、

店内は馴染みの客で賑わっていた。

 

彼女がとっておきな気持ちで注文していたという、

オイルサーディンのサンドイッチをいただく。

 

まだ出会う前の、懸命だった友人のことを思うと、

時や思いも挟み込まれ、しみじみと美味しく、

なんだか自分にとっても特別なお店のように感じられた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日、コーヒー豆を届けにきてくれた藤井寺の『珈琲屋TERRA』

店主さんと、アメリカ村の三角公園近くにあった『楽天食堂』の話になった。

 

仕事場が横にあったので、度々行っていたのだとか。

2002年に閉店し、10年ぶりに阿波座で再開されたようだけど、

そちらも先月、惜しまれながらの閉店となったそう。

 

ネットで調べると、女将の年金受給開始年を機に引退されることにしたと。

 

そういえば谷町の伽奈泥庵さんも、来月末に閉店らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰にでもあるように、私にも心に刻まれている大切なお店がある。

残念ながらもう存在していない店も多い。

 

そんな中でも思い入れの強い、学生時代に心酔していたココア専門店、

『ココアショップ AKAITORI』が今月末で閉店するのを先日知った。

肥後橋時代を合わせると45年という歴史に幕を閉じるという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私のよく知る頃、一階はテーラーで、

脇にある階段の手前には、赤電話が置かれていた。

登って扉を開けると絵本の物語の中に迷い込んだかのような異空間。

壁にはカカオ博物館のように、缶や絵がぎっしり。

 

ずらりと並んだココアのメニューには、カカオの歴史や、

ココアにまつわるお話も載せられていた。

 

 

女性店主さんは民族衣裳のような装いで、いつも

ココア料理のレストランって呼んで」と仰ってた。

愛らしいものが大好きな店主さんのお気に入りのものや、

ココアへの情熱が溢れる店内。

その世界を支えて整えておられた店長。

 

 

ココアは甘く匂っていたけれど、

カカオパウダーは酸味のある大人の香りをしていたのを思い出す。

 

 

心斎橋の喧騒の中にありながら、

お伽の国に迷い込んだか

どこか知らない国を旅してるような気分になれた場所。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人生の中の節目、就職して生活の形が大きく変わったこともあり、

あんなに好きなお店だったのに、すっかりと遠のいてしまった。

 

あれから四半世紀ほどを経てもずっと在り続けたのに、

あと数日でなくなるなんて。

 

 

 

 

一昨日、心拍数を上げながら通りがかってみると、長蛇の列。

SNSの効果か、若いお客さんが多かったように思う。

店先の画像だけとって、そっと立ち去った。

たくさんの人の中に、それぞれの形で残るのだろうな。

 

 

AKAI TORIで流れていた、ドリス・デイのセンチメンタルジャーニー。

もう二度とたどり着くことはできないけれど...

何もわかっていなかったあの時の私、過ごした時間。

心の中の小箱にそっと仕舞う。

| 休日のハピル | 05:27 | comments(2) | - | - | - |
●エリちゃん
言い回し?が変で、誤字脱字だらけで、恥ずかしいです!
でも、なんとか気持ちを表現できたらいいなと思って一生懸命です。
私なんかの小さな思い出に共鳴してくれて、感激です。ちょっぴり涙出ます。ありがとう。
エリちゃんとどこか、似たところあるのかな。
エリゾウさんは、春めいた日差しを受けて、お耳をはためかせていたよ。ありがとう!!!!
またふらっと、あそびにきてね!
| Hapiru | 2018/02/23 3:22 AM |
ゆきさんのブログは、いつも大好きな本を読んでるような気持ちで読ませてもらってます!文章がいつも世界観があって素敵ですね。
ココアショップあかいとりは、わたしも学生の時一度だけですが友人に連れて行ってもらいました。閉店しちゃうんだ(T-T)ココアの専門店ていうのもめずらしかったし、絵本の中のような不思議空間で、落ち着く感じだった。昔からのお店がなくなってしまうのは淋しいですよね。私にとっての喫茶店はハピルさんですよ**いつも長居させてもらって、美味しいお茶とお菓子と元気を頂いてます(*^^*)
| ヤマダエリ | 2018/02/22 2:14 PM |