こよみ
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
近ごろの記事
お便り
引きだし
今までの記事
つながり
携帯でもどうぞ!
qrcode
ちょっとおすすめ
ちょっとおすすめ
ちょっとおすすめ
RAINBOW MAKER SINGLE
RAINBOW MAKER SINGLE (JUGEMレビュー »)

太陽電池が光を集めて、動きだし、下のクリスタルから、小さな虹がたくさん生まれて、くるくると踊り出して、見慣れた部屋が異空間に!
健全にトリップできます。
ちょっとおすすめ
星の使者―ガリレオ・ガリレイ
星の使者―ガリレオ・ガリレイ (JUGEMレビュー »)
ピーター シス
緻密で美しい挿絵1枚に、どれほどの時間を費やされているのでしょうか。マクロとミクロが共存する世界。原画が、見てみたいです。
シスの絵本はどれも好きですが、個人的に、ガリレオ・ガリレイが好きなので、こちらを。

ちょっとおすすめ
Wood
Wood (JUGEMレビュー »)
Andy Goldsworthy
アンディ・ゴールズワージーの作品集「Wood」。石、枝、棘、土、雪、氷柱、花、自然の素材を使いつつ丁寧に創り上げられた、なんとも不思議で不気味でオカルト的でもある、美しい世界。
写真集は他にも、「Stone」「Wall」「Time」・・いろいろあります。
異質ながらも、自然に溶け込むインスタレーション、生で体感してみたいです!!
ちょっとおすすめ
ヘンリー・ダーガー 非現実の王国で
ヘンリー・ダーガー 非現実の王国で (JUGEMレビュー »)
ジョン・M. マグレガー
ミステリアスで孤独な一生を送ったヘンリー・ダーガーが亡くなる直前に見つかった、世界一の長編とも言われる、子供を奴隷にする残虐な大人たちと戦う、七人姉妹ヴィヴィアンガールズの物語。300枚を超えるダーガーの手による挿絵の、美しさと、可愛らしさと、残酷さと、奇妙さと・・。
ダーガーが自分自身のために創り上げた王国を、覗いてしまうことの背徳感。痛いぐらい哀しくて、強い。絶望、孤独、狂気から生まれた創作活動の純粋性を思うと、ほんと凄いです・・・!


ちょっとおすすめ
日本の島ガイド シマダス
日本の島ガイド シマダス (JUGEMレビュー »)

日本の全有人島と主な無人島あわせて1,000島以上のさまざまな最新情報を満載。
知らない島に住む人たち、お祭り、歴史、文化、そしておいしい特産品。
私ってなんて、無知なのかしら!と実感させられます。
まだ、一度も目を通していない頁たくさんあります。
トラックバック
自己紹介
その他

き・ゆ・ぬ・は・ぴ・る

ちょっと沖縄テイスト、喫茶ハピルのあさなゆうな
<< 火曜日、フリマでした! | main | リトルマルシェ >>
秋あつめ

日がすっかりと短くなって、帰にはどっぷりと暮れてます。

もう月もでていないし、ふらふら〜っと自転車漕いでるのですが、

何処からともなく、金木犀の香り。

 

あ、こんなところにも、こんな路地にもと

匂いを頼りに、いろんな道を通ってみています。

 

 

今日は「遊」にも香りが漂ってきました〜*

ちょっと香りがきついから、遠くから仄かに〜が、いいな!

 

 

遊のお庭にも、秋はやってきてます。

萩の花は見ごろを過ぎたかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

今は、紫式部と、水引の赤が美しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

万両の実はまだ青いですが、

 

南天は色づき始めました!

 

 

 

 

 

 

この間、柘榴の実をいただきました。

自然の成り、美しい造形。

秋のおすそ分けのお心遣いが、とっても嬉しかったです。

 

 

ふと思い出す。。

はじめて柘榴の実を拾った、小学校中学年の頃。

お城跡の二の丸公園。

二の丸公園は少しわかりづらい場所にあったので、

人がほとんどおらず、大好きな場所でした。

幼いころ母と、一日中シロツメクサの四tつ葉を探したものです。

 

そこで友達と、魔法使いごっこに興じていたのですが、

足元に見たことのないものが落ちていました。

その初めて見たものが柘榴であるとは知るよしもなく、

中からまるで宝石のような粒がこぼれたのに驚きました。

その粒を魔法の欠片に見立てて、ブランコを大きく揺らし、より遠くへと投げ飛ばしていました。

 

大人になって飛行機の機内誌で、イランにザクロス山脈があることを知りました。

柘榴の名の由来であるとか、ないとか・・・

 

今は物や情報が溢れていて、インターネットに繋げば、

知りたいことも知りたくないことも、簡単に入ってきてしまうのですが、

名前にも、色にも、匂いにも出会いがあり、

それぞれに思い出があるな・・・

 

などと、とりとめないことを思いました。

秋ですね。

 

 

| おしらせ | 01:03 | comments(0) | - | - | - |