こよみ
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
近ごろの記事
お便り
引きだし
今までの記事
つながり
携帯でもどうぞ!
qrcode
ちょっとおすすめ
ちょっとおすすめ
ちょっとおすすめ
RAINBOW MAKER SINGLE
RAINBOW MAKER SINGLE (JUGEMレビュー »)

太陽電池が光を集めて、動きだし、下のクリスタルから、小さな虹がたくさん生まれて、くるくると踊り出して、見慣れた部屋が異空間に!
健全にトリップできます。
ちょっとおすすめ
星の使者―ガリレオ・ガリレイ
星の使者―ガリレオ・ガリレイ (JUGEMレビュー »)
ピーター シス
緻密で美しい挿絵1枚に、どれほどの時間を費やされているのでしょうか。マクロとミクロが共存する世界。原画が、見てみたいです。
シスの絵本はどれも好きですが、個人的に、ガリレオ・ガリレイが好きなので、こちらを。

ちょっとおすすめ
Wood
Wood (JUGEMレビュー »)
Andy Goldsworthy
アンディ・ゴールズワージーの作品集「Wood」。石、枝、棘、土、雪、氷柱、花、自然の素材を使いつつ丁寧に創り上げられた、なんとも不思議で不気味でオカルト的でもある、美しい世界。
写真集は他にも、「Stone」「Wall」「Time」・・いろいろあります。
異質ながらも、自然に溶け込むインスタレーション、生で体感してみたいです!!
ちょっとおすすめ
ヘンリー・ダーガー 非現実の王国で
ヘンリー・ダーガー 非現実の王国で (JUGEMレビュー »)
ジョン・M. マグレガー
ミステリアスで孤独な一生を送ったヘンリー・ダーガーが亡くなる直前に見つかった、世界一の長編とも言われる、子供を奴隷にする残虐な大人たちと戦う、七人姉妹ヴィヴィアンガールズの物語。300枚を超えるダーガーの手による挿絵の、美しさと、可愛らしさと、残酷さと、奇妙さと・・。
ダーガーが自分自身のために創り上げた王国を、覗いてしまうことの背徳感。痛いぐらい哀しくて、強い。絶望、孤独、狂気から生まれた創作活動の純粋性を思うと、ほんと凄いです・・・!


ちょっとおすすめ
日本の島ガイド シマダス
日本の島ガイド シマダス (JUGEMレビュー »)

日本の全有人島と主な無人島あわせて1,000島以上のさまざまな最新情報を満載。
知らない島に住む人たち、お祭り、歴史、文化、そしておいしい特産品。
私ってなんて、無知なのかしら!と実感させられます。
まだ、一度も目を通していない頁たくさんあります。
トラックバック
自己紹介
その他

き・ゆ・ぬ・は・ぴ・る

ちょっと沖縄テイスト、喫茶ハピルのあさなゆうな
<< ざっくりクッキー | main | ちはやぶる >>
ボルネオ緑の回廊〜♪

 

紅屋(BINYA)便、到着しました!

 

 

 

 

 

通帳や手帳がすっぽり収まる、ゾウさんポーチ

タイコットン使用、生成りと薄桃色の2種です。

 

 

 

 

 

紅型とは、沖縄の伝統の型染めです。

 

 

 

 

 

型紙です!

図案を起こして、型紙を彫って・・・

 

 

 

 

 

糊をぬって、一枚づつ手刷りされています。

蒸して、お湯にさらして、水で洗って・・・・と

たくさんの工程があって、手間がかかっています。

 

ゾウさんポーチは3000円で、その内500円が

ボルネオ保全トラスト・ジャパンに寄付されます!

どうぞよろしくお願いします。

 

 

++++++++++++++++++++++++++

 

 

 

だいぶと減ってしまったのですが、紅屋さんが、

チャリティーにと、紅型小物を寄付して下さいました。

 

 

 

 

 

 

 

全額、BCTJに寄付させていただきます!

 

 

 

 

 

 

 

++++++++++++++++++++++++++

 

 

たくさんのチャリティグッズを提供して下さった

Sさんが、未使用のガスストーブを下さいました。

どなたかに・・・と思っていましたが、行き先が決まりました!

 

あと、Kさんが、業務用のコンロがあるよ〜!とのことですが、

どなたか欲しい方いらっしゃったら、お声かけください。

また画像を、いただいておきます!

 

明日、送金予定です!

 

 

++++++++++++++++++++++++++

 

 

 

チャリティフリマの、もうひとつの支援先、

インドネシア領のボルネオ(カリマンタン)で毎年、人為で起こる

大火災の消火活動をされている現地の方を支援している

『ウータン〜森と生活を考える会〜』の方が届けて下さった、

オランウータンの木彫りチャーム??ペンダントトップ??です。

 

 

 

 

 

 

消火活動や植林などを行っている現地NGOの村人が

ウリンというボルネオ鉄木で作ったそうです。

当然なんですが、作り手によって雰囲気が違うそうです。

預かったのは、かわいい系だと思います!

 

 


 

 

私の持っているのを今よく見てみたら、テングザルでした!

 

 

| ボルネオとのつながり | 00:58 | comments(0) | - | - | - |