こよみ
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
近ごろの記事
お便り
引きだし
今までの記事
つながり
携帯でもどうぞ!
qrcode
ちょっとおすすめ
ちょっとおすすめ
ちょっとおすすめ
RAINBOW MAKER SINGLE
RAINBOW MAKER SINGLE (JUGEMレビュー »)

太陽電池が光を集めて、動きだし、下のクリスタルから、小さな虹がたくさん生まれて、くるくると踊り出して、見慣れた部屋が異空間に!
健全にトリップできます。
ちょっとおすすめ
星の使者―ガリレオ・ガリレイ
星の使者―ガリレオ・ガリレイ (JUGEMレビュー »)
ピーター シス
緻密で美しい挿絵1枚に、どれほどの時間を費やされているのでしょうか。マクロとミクロが共存する世界。原画が、見てみたいです。
シスの絵本はどれも好きですが、個人的に、ガリレオ・ガリレイが好きなので、こちらを。

ちょっとおすすめ
Wood
Wood (JUGEMレビュー »)
Andy Goldsworthy
アンディ・ゴールズワージーの作品集「Wood」。石、枝、棘、土、雪、氷柱、花、自然の素材を使いつつ丁寧に創り上げられた、なんとも不思議で不気味でオカルト的でもある、美しい世界。
写真集は他にも、「Stone」「Wall」「Time」・・いろいろあります。
異質ながらも、自然に溶け込むインスタレーション、生で体感してみたいです!!
ちょっとおすすめ
ヘンリー・ダーガー 非現実の王国で
ヘンリー・ダーガー 非現実の王国で (JUGEMレビュー »)
ジョン・M. マグレガー
ミステリアスで孤独な一生を送ったヘンリー・ダーガーが亡くなる直前に見つかった、世界一の長編とも言われる、子供を奴隷にする残虐な大人たちと戦う、七人姉妹ヴィヴィアンガールズの物語。300枚を超えるダーガーの手による挿絵の、美しさと、可愛らしさと、残酷さと、奇妙さと・・。
ダーガーが自分自身のために創り上げた王国を、覗いてしまうことの背徳感。痛いぐらい哀しくて、強い。絶望、孤独、狂気から生まれた創作活動の純粋性を思うと、ほんと凄いです・・・!


ちょっとおすすめ
日本の島ガイド シマダス
日本の島ガイド シマダス (JUGEMレビュー »)

日本の全有人島と主な無人島あわせて1,000島以上のさまざまな最新情報を満載。
知らない島に住む人たち、お祭り、歴史、文化、そしておいしい特産品。
私ってなんて、無知なのかしら!と実感させられます。
まだ、一度も目を通していない頁たくさんあります。
トラックバック
自己紹介
その他

き・ゆ・ぬ・は・ぴ・る

ちょっと沖縄テイスト、喫茶ハピルのあさなゆうな
<< ふくちゃん応援ジャム | main | 届いています! >>
そのお茶は、どこへ繋がるの・・?

 

チャリティのお茶のご紹介です!

 

石垣島より。。。

てぃだ茶のリラックスバージョンです!

 

レモングラス、ミント、ローズマリーにホーリーバジル。

すっきり爽やか〜〜〜

このお茶大好きです!!

一年に1・2回しかつくられていないブレンドです!

あと、小サイズが4袋とのなりました。

 

 

 

 

 

 

一袋350円となっております。

必要経費以外は、アジアの子どもたちへの教育支援されている

団体に寄付されているそうです。

 

 

もうひとつは、ボルネオ(インドネシア領カリマンタン)の

森の中でできる農法(アグロフォレストリー)により育てられた

栄養たっぷりの美味しいロセラティ。

 

 

 

 

 

 

クレオパトラも美容にと愛飲されたのだとか!

村人は、薬として愛用されているそうです。

 

 

 

こういうのです↓

 

 

 

 

 

甘酸っぱくて、色が綺麗です〜〜〜

ノンカフェイン。

 

 

 

 

 

 

カップに直接いれても、茶こしなしで大丈夫です!

クリスマスプレゼントにいかがでしょうか〜?

 

 

 

 

 

 

かご入りで、1000円となっております。

こちらは売り上げを、インドネシアの火災の消火活動などに使用されます。

よければ、『ウータン〜森と生活を考える会〜』に、消火活動の内容が

詳しく書かれているので、覗いて下さい!

画像がたくさんなので、とってもわかりやすです〜〜!!!

 

https://camp-fire.jp/projects/view/6983

 

※クラウドファンディングは終了しています。

 

 

 

 

 

 

 

村人が編んだ、ちいななかごにはいっているので、

贈りものにもぴったりです!

 

水木さんがラバウルで仲良くなった現地人が、

月の綺麗な日、ゴザにねっころがってお月見していたという

エピソードが大好きなのですが、

そのときのゴザって、こんなのだったのかな〜〜?って思っています。

 

 

 

 

 

アブラヤシのプランテーション開発で、失われる熱帯雨林。。

 

開発のための野焼きなどが原因で広がっる火災を

諦めずに消火活動をしてくれている、現地の人たちを

支援させてもらえる、有難いお茶です!

どうぞよろしくお願いします。

 

| ボルネオとのつながり | 23:16 | comments(0) | - | - | - |