こよみ
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
近ごろの記事
お便り
引きだし
今までの記事
つながり
携帯でもどうぞ!
qrcode
ちょっとおすすめ
ちょっとおすすめ
ちょっとおすすめ
RAINBOW MAKER SINGLE
RAINBOW MAKER SINGLE (JUGEMレビュー »)

太陽電池が光を集めて、動きだし、下のクリスタルから、小さな虹がたくさん生まれて、くるくると踊り出して、見慣れた部屋が異空間に!
健全にトリップできます。
ちょっとおすすめ
星の使者―ガリレオ・ガリレイ
星の使者―ガリレオ・ガリレイ (JUGEMレビュー »)
ピーター シス
緻密で美しい挿絵1枚に、どれほどの時間を費やされているのでしょうか。マクロとミクロが共存する世界。原画が、見てみたいです。
シスの絵本はどれも好きですが、個人的に、ガリレオ・ガリレイが好きなので、こちらを。

ちょっとおすすめ
Wood
Wood (JUGEMレビュー »)
Andy Goldsworthy
アンディ・ゴールズワージーの作品集「Wood」。石、枝、棘、土、雪、氷柱、花、自然の素材を使いつつ丁寧に創り上げられた、なんとも不思議で不気味でオカルト的でもある、美しい世界。
写真集は他にも、「Stone」「Wall」「Time」・・いろいろあります。
異質ながらも、自然に溶け込むインスタレーション、生で体感してみたいです!!
ちょっとおすすめ
ヘンリー・ダーガー 非現実の王国で
ヘンリー・ダーガー 非現実の王国で (JUGEMレビュー »)
ジョン・M. マグレガー
ミステリアスで孤独な一生を送ったヘンリー・ダーガーが亡くなる直前に見つかった、世界一の長編とも言われる、子供を奴隷にする残虐な大人たちと戦う、七人姉妹ヴィヴィアンガールズの物語。300枚を超えるダーガーの手による挿絵の、美しさと、可愛らしさと、残酷さと、奇妙さと・・。
ダーガーが自分自身のために創り上げた王国を、覗いてしまうことの背徳感。痛いぐらい哀しくて、強い。絶望、孤独、狂気から生まれた創作活動の純粋性を思うと、ほんと凄いです・・・!


ちょっとおすすめ
日本の島ガイド シマダス
日本の島ガイド シマダス (JUGEMレビュー »)

日本の全有人島と主な無人島あわせて1,000島以上のさまざまな最新情報を満載。
知らない島に住む人たち、お祭り、歴史、文化、そしておいしい特産品。
私ってなんて、無知なのかしら!と実感させられます。
まだ、一度も目を通していない頁たくさんあります。
トラックバック
自己紹介
その他

き・ゆ・ぬ・は・ぴ・る

ちょっと沖縄テイスト、喫茶ハピルのあさなゆうな
<< まぼろしのまほろば | main | オリーブ摘み >>
さすらいブルー

 

お休み。

高島屋で開催していた『広重ビビッド』を観に。

百貨店の美術展って、月曜日OKだから有難い〜。

 

 

 

 

 

 

日本化薬株式会社元会長であられた原安三郎氏の収集された、

「初摺」の作品で、保存状態が極めて優れていており

国内外でも稀にみる名品ぞろいの、関西地区初公開ということで、

「広重ブルー」をひとめ拝まん…と。

 

 

「初摺」と、版を重ねた「後摺」とは区別されているそう。

確かに版木が摩耗によって潰れていないので、線が際立ってる。

そして、広重の意向がふんだんに反映されている、渾身の摺り!

色、ぼかし、空刷りなどの、労力を惜しまぬ重ね技に溜息がこぼれる。

「初摺」後は、摺り師に任せることが多かったらしく、

色数を減らしたりなど、手抜きがあったよう。

 

この強烈な青は、広重が活躍した時代に流通して人気があったという

舶来の合成染料の藍色で、この青が生み出す劇的さに

皆、魅せられたのだろうな。

 

一条の滝の勢い、波のうねり、海の深淵、果てなき空。

その元で繰り広げられる、人々の営み。

小さな画面からあふれ出る、情景、情感。

失われた時代と風景を、旅した気持ちになれたな。

 

籠の中ではなく、股旅ルックで。

 

 

++++++++++++++++++++++++++

 

 

次の目的地は、英国。

阪急百貨店で開催中の『英国フェア』へ。

 

お客さまのの何かの先生??が(最も大切なことを失念!)

「ベイクウェル・プディング」を作るお手伝いされているとかで、

どんなのかな?って気になっていたので。

 

 

 

 

 

こんなでした。(左)

パイ生地に、チェリーのジャムが挟まっていて、

アーモンドエッセンスぽいのが、ふんだんの伝統菓子。

右の、ウェルシュケーキっていうのが、素朴なおいしさ。

 

人がいっぱい。阪急は、ほんとうに凄いな。

会場でみかけた、出で立ちからしてタータンづくしの

本気で英国LOVEっぽい紳士が、ヴィンテージのボタンを

真剣に選んでいたのが、いちばん印象的だったな。

指にあてていたから、指輪を手づくりするのかな。

 

思い返せば・・・私の英国との出会いは、

キャンディ・キャンディだったかも。

 

高校生の頃は、まぁまぁの腐女子だったと思うのだけれど、

『アナザー・カントリー』とか『モーリス』に萌えてたっけ。

映画で、紳士のスポーツとクリケットのこと知ったのだけれど、

クリケットって今では、サッカーの次に競技人口の多い

世界的なスポーツであることを最近知って、驚き!

 

 

 

++++++++++++++++++++++++++

 

 

 

最終目的地は、ジョージア(グルジア)。

 

アブハジア自治共和国が、ジョージアからの独立を求めた紛争を

背景に戦争と人間性を映した『みかんの丘』という映画。

 

 

 

 

 

 

前線間際のミカン畑で暮らす老人が、負傷した敵対するジョージア兵と

チェチェン兵のお世話をすることになる物語。

その土地の空気感、緊張感。

兵士や老人たちとのやりとりに、圧倒的なリアリティがあった。

憎しみに囚われた複雑な心情、じんわり芽吹く優しさや温かみ。

そんな思いを掃討してしまう、争いのやるせなさ。

同監督の『とうもろこしの島』も上映していたのだけれど

観ておきたかったな。

 

島国根性を痛感して、blue....

 

 

 

ああ、月が欠けてきたな。

いや、地球が光を遮っているな。

 

 

今宵は何処をさすらおうか。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 休日のハピル | 18:04 | comments(2) | - | - | - |
●エリちゃん
お元気ですか??いつもコメントありがとう!!とっても嬉しいです。ちょっと欲張り過ぎました。「おちゃめなふたご」シリーズ!表紙のイラスト思い浮かぶけど、残念、読んだ覚えがないわ!かわいいね〜。寄宿学校とか外国の文化に憧れたよね〜。また、いろいろ思い出して盛り上がりましょうね♪
| Hapiru | 2016/10/21 2:43 AM |
★ゆきさん☆
お休み、有意義に過ごされてますね~♪英国フェアー、阪急は人が本当に多そう!
私の英国との出会いは、寄宿学校の少女達を舞台にした児童文学の「おちゃめなふたご」シリーズです。
クリケットに似た(間違ってたらごめんなさい)スポーツのラクロスとか、真夜中のパーティーで出てくるお菓子とか諸々憧れました。キャスキッドソンもハマったな。
また色々お話、聞かせてくださいね!
| ヤマダエリ | 2016/10/19 12:38 PM |