こよみ
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
近ごろの記事
お便り
引きだし
今までの記事
つながり
携帯でもどうぞ!
qrcode
ちょっとおすすめ
ちょっとおすすめ
ちょっとおすすめ
RAINBOW MAKER SINGLE
RAINBOW MAKER SINGLE (JUGEMレビュー »)

太陽電池が光を集めて、動きだし、下のクリスタルから、小さな虹がたくさん生まれて、くるくると踊り出して、見慣れた部屋が異空間に!
健全にトリップできます。
ちょっとおすすめ
星の使者―ガリレオ・ガリレイ
星の使者―ガリレオ・ガリレイ (JUGEMレビュー »)
ピーター シス
緻密で美しい挿絵1枚に、どれほどの時間を費やされているのでしょうか。マクロとミクロが共存する世界。原画が、見てみたいです。
シスの絵本はどれも好きですが、個人的に、ガリレオ・ガリレイが好きなので、こちらを。

ちょっとおすすめ
Wood
Wood (JUGEMレビュー »)
Andy Goldsworthy
アンディ・ゴールズワージーの作品集「Wood」。石、枝、棘、土、雪、氷柱、花、自然の素材を使いつつ丁寧に創り上げられた、なんとも不思議で不気味でオカルト的でもある、美しい世界。
写真集は他にも、「Stone」「Wall」「Time」・・いろいろあります。
異質ながらも、自然に溶け込むインスタレーション、生で体感してみたいです!!
ちょっとおすすめ
ヘンリー・ダーガー 非現実の王国で
ヘンリー・ダーガー 非現実の王国で (JUGEMレビュー »)
ジョン・M. マグレガー
ミステリアスで孤独な一生を送ったヘンリー・ダーガーが亡くなる直前に見つかった、世界一の長編とも言われる、子供を奴隷にする残虐な大人たちと戦う、七人姉妹ヴィヴィアンガールズの物語。300枚を超えるダーガーの手による挿絵の、美しさと、可愛らしさと、残酷さと、奇妙さと・・。
ダーガーが自分自身のために創り上げた王国を、覗いてしまうことの背徳感。痛いぐらい哀しくて、強い。絶望、孤独、狂気から生まれた創作活動の純粋性を思うと、ほんと凄いです・・・!


ちょっとおすすめ
日本の島ガイド シマダス
日本の島ガイド シマダス (JUGEMレビュー »)

日本の全有人島と主な無人島あわせて1,000島以上のさまざまな最新情報を満載。
知らない島に住む人たち、お祭り、歴史、文化、そしておいしい特産品。
私ってなんて、無知なのかしら!と実感させられます。
まだ、一度も目を通していない頁たくさんあります。
トラックバック
自己紹介
その他

き・ゆ・ぬ・は・ぴ・る

ちょっと沖縄テイスト、喫茶ハピルのあさなゆうな
<< 入荷のお知らせ | main | にがあまみつ、届きました。 >>
生生世世、生生流転
阪神淡路大震災から21年。

私にとっては、あぁ、もうそんなに経ったのか・・ですが、

幾度の季節の巡りにはは、あまたの思いが詰まっていることでしょう。



きのう、お別れがありました。

趣味の着物で知り合えた、母と同じくらいのお歳の女性。

小さいお体でからあふれ出す、活力。

上品で、朗らかで、愛情深く、奉仕的なお心を持ち、

娘さんと同じくらいの私たちの話や気持ちを、

目をきらめかせながら、好奇心いっぱいに聞いて下さった。



ヨーガンレールのお洋服が大好きだった、Hさん。

先に旅立たれたヨーガンレールさんに、お会いできているかな。





+++++++++++++++++++++++++





潰える命があるからこそ、生きている証明ができ、

限りがあるから、慈しむことができる。

肉体が土となり灰となれば、地球(即ち宇宙)を構成する物質に還る。

魂は?解けない謎、明かされざる秘密。。。



宇宙は、正体不明の暗黒物質で満たされているという。

もし暗黒物質がなければ、宇宙はとても眩しすぎるだろうし、

公転する銀河の腕が、縺れてしまうのだそうです。



宇宙を充たす物質。

魂は、そんなところにあるのかしら。心は繋がっているの?





+++++++++++++++++++++++++











少し前、山口の徳山動物園へいった際に、

船で大津島に渡り、回天の資料館へ行ってみました。



太平洋戦争の末期、“天を回らし、戦局を逆転させる”という

願いを込められた人間魚雷「回天」。

大量の爆薬を積んだ特攻兵器が、敵艦をめがけて体当たり。

戦局が悪化する中、多くの若者が志願し戻らぬ旅路へつきました。

ハッチを締め、冷たく、深く、真っ暗な海へ。

壮絶な生きざまと、遺された者たちの悲しみと無念さに、

心が痛みました。

















橋口大尉という方がおられました。

搭乗技術もさることながら人望もあられたようで、

回天搭乗員の指導者として後輩を育てる立場となりました。

何度か出撃を懇願するも、許可がおりぬまま。

終戦を迎えたものの、自責の念に堪えかねて、

回天の操縦席に座り拳銃で自決されました。











※此処から出撃されたそうです







生き永らえた方たちのお話で、

「この基地で訓練を受けていた時が、自分の人生の中で最も充実していた。」

というお言葉が、胸に刺さりました。



また、何人かの方が、海に手を浸すと、

戦友と繋がれるというようなことを仰っていました。

願いかもしれませんが、きっと感じられるのでしょうね。





+++++++++++++++++++++++++





人の意識は、表層と深層に分けられるそうですね。

よくわかりませんが、深いところでは全て繋がっているという

何らかの法則、何らかの摂理。

それを意識して、うまく浄化させられたら、

世の中はもっとさらさらと、気持ちよく流れるのでしょうか。



なんだか、とりとめない話になりました。。









| アフターハピル | 00:34 | comments(0) | - | - | - |