こよみ
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
近ごろの記事
お便り
引きだし
今までの記事
つながり
携帯でもどうぞ!
qrcode
ちょっとおすすめ
ちょっとおすすめ
ちょっとおすすめ
RAINBOW MAKER SINGLE
RAINBOW MAKER SINGLE (JUGEMレビュー »)

太陽電池が光を集めて、動きだし、下のクリスタルから、小さな虹がたくさん生まれて、くるくると踊り出して、見慣れた部屋が異空間に!
健全にトリップできます。
ちょっとおすすめ
星の使者―ガリレオ・ガリレイ
星の使者―ガリレオ・ガリレイ (JUGEMレビュー »)
ピーター シス
緻密で美しい挿絵1枚に、どれほどの時間を費やされているのでしょうか。マクロとミクロが共存する世界。原画が、見てみたいです。
シスの絵本はどれも好きですが、個人的に、ガリレオ・ガリレイが好きなので、こちらを。

ちょっとおすすめ
Wood
Wood (JUGEMレビュー »)
Andy Goldsworthy
アンディ・ゴールズワージーの作品集「Wood」。石、枝、棘、土、雪、氷柱、花、自然の素材を使いつつ丁寧に創り上げられた、なんとも不思議で不気味でオカルト的でもある、美しい世界。
写真集は他にも、「Stone」「Wall」「Time」・・いろいろあります。
異質ながらも、自然に溶け込むインスタレーション、生で体感してみたいです!!
ちょっとおすすめ
ヘンリー・ダーガー 非現実の王国で
ヘンリー・ダーガー 非現実の王国で (JUGEMレビュー »)
ジョン・M. マグレガー
ミステリアスで孤独な一生を送ったヘンリー・ダーガーが亡くなる直前に見つかった、世界一の長編とも言われる、子供を奴隷にする残虐な大人たちと戦う、七人姉妹ヴィヴィアンガールズの物語。300枚を超えるダーガーの手による挿絵の、美しさと、可愛らしさと、残酷さと、奇妙さと・・。
ダーガーが自分自身のために創り上げた王国を、覗いてしまうことの背徳感。痛いぐらい哀しくて、強い。絶望、孤独、狂気から生まれた創作活動の純粋性を思うと、ほんと凄いです・・・!


ちょっとおすすめ
日本の島ガイド シマダス
日本の島ガイド シマダス (JUGEMレビュー »)

日本の全有人島と主な無人島あわせて1,000島以上のさまざまな最新情報を満載。
知らない島に住む人たち、お祭り、歴史、文化、そしておいしい特産品。
私ってなんて、無知なのかしら!と実感させられます。
まだ、一度も目を通していない頁たくさんあります。
トラックバック
自己紹介
その他

き・ゆ・ぬ・は・ぴ・る

ちょっと沖縄テイスト、喫茶ハピルのあさなゆうな
<< 普段使いのやちむん | main | 5月のアレンジメント >>
犬島時間

5月5日・・小雨そぼ降る中
小さな船に乗り込みたどり着いたのは・・・







瀬戸内海に浮かぶ、犬島。

朝早く家を出たけれど、島に着いたらもうお昼。






まずは腹ごしらえと、島の食堂で、名物の犬島丼をいただきました。
舌平目のミンチに、ゴボウや野菜を煮たものがかかっているの。
おうちの味がした。


「犬島時間」と題され、ゴールデンウィーク中に開催されている
アートプロジェクトを楽しむのが、この日の第一目的。






空き家に配された、常見加奈子さんの作品〜♪
今回から、ふさふさになってましたー! 
ウォーホルに、かぶってもらいたい。

あと、衝撃のもう一点。
島のシンボル、巨石の犬石さまからインスピレーションを
受けたという作品があったのですが、
これは、今後、ご覧になる機会があるかもしれないので、
秘密にしておきます。






常見さんは学生時代から仲良しの先輩。
(だいぶ)後輩で、ただ今直島で働いているSちゃんと島散策。

私たちが「キスチョコ島」と呼んでいる、
同じ瀬戸内海に浮かぶ、小さなお山の形をした愛らしき大槌島を
Perfumeのっち似のSちゃんが「ポルテ島」と仰せられた!!
ジェネレーションギャップ・・・!

雨も降りやんだので、小さな島をぐるりと一周。
高級な花崗岩の砕石地として知られる島のいたるところに、
その高級みかげ石が使われて、転がってた。


雨上がりの島の小道、はりきって啼いているウグイス。
道端に咲く小さな花々に、ウシガエルの声がとても懐かしかったな。










期間限定のカフェで、ひとやすみ。


銅精錬所跡のあるエリアは、数年前にベネッセが買い取り
朽ちて荒れ、廃墟と成り果てていた遺構を、
補強整備し、美術館として再生されています。






まるで、遠い昔の高度文明の遺跡のよう。

遡ること100年。
ここが銅の精錬所として稼働していたころ、
最盛期には3000人を超える島民がいたそうな。
現在島に住まわるのは、平均年齢75歳の50余名。






積まれたレンガは、カラミレンガといい、
銅を精錬する際に生成する鉱滓(スラグ)
産業の陰が固められています。






「犬島時間」は期間限定だったのですが、
ベネッセの犬島精練美術館や、「家プロジェクト」は
鑑賞料お高めですが、他の季節も楽しめますので、
直島や豊島とあわせて、どうぞ。。
http://www.benesse-artsite.jp/seirensho/index.html








パフォーマーに見送られ、島を後に。


その後、路面電車走る岡山へ。







そそられる建物が、たくさんありました。














夕餉には、ご当地グルメのデミカツ丼を選びました。







締めくくりは、銭湯。


知らなかったのだけど、有名な銭湯だったみたい。
廃業された銭湯を、亡き経営者の息子さんが、
会社勤めを続けながら、復活させたんだそう。
なので営業は、お仕事のお休みの日だけ。

表で仲間らしき焼とりをやいていて、常連客が集って、
アジアのゲストハウスのような雰囲気でした。


体ぽかぽか。
岡山駅で買ったお土産ほくほく。

でもちょっと、日帰り限界距離の内容濃密すぎで、
余韻に浸ることなく床につきましたとさ。


 
| 休日のハピル | 00:34 | comments(2) | - | - | - |
●はるさん
ぜひぜひ!!どの島も、味わいがありますね。私まだ、宝島の塩、ちびちび使っているんですよ。賞味期限とかあるのかしらん。
| hapiru | 2014/05/30 1:11 AM |
うわあ〜(*^o^*)
行ってみたいです^o^
| はる | 2014/05/25 8:00 PM |