こよみ
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
近ごろの記事
お便り
引きだし
今までの記事
つながり
携帯でもどうぞ!
qrcode
ちょっとおすすめ
ちょっとおすすめ
ちょっとおすすめ
RAINBOW MAKER SINGLE
RAINBOW MAKER SINGLE (JUGEMレビュー »)

太陽電池が光を集めて、動きだし、下のクリスタルから、小さな虹がたくさん生まれて、くるくると踊り出して、見慣れた部屋が異空間に!
健全にトリップできます。
ちょっとおすすめ
星の使者―ガリレオ・ガリレイ
星の使者―ガリレオ・ガリレイ (JUGEMレビュー »)
ピーター シス
緻密で美しい挿絵1枚に、どれほどの時間を費やされているのでしょうか。マクロとミクロが共存する世界。原画が、見てみたいです。
シスの絵本はどれも好きですが、個人的に、ガリレオ・ガリレイが好きなので、こちらを。

ちょっとおすすめ
Wood
Wood (JUGEMレビュー »)
Andy Goldsworthy
アンディ・ゴールズワージーの作品集「Wood」。石、枝、棘、土、雪、氷柱、花、自然の素材を使いつつ丁寧に創り上げられた、なんとも不思議で不気味でオカルト的でもある、美しい世界。
写真集は他にも、「Stone」「Wall」「Time」・・いろいろあります。
異質ながらも、自然に溶け込むインスタレーション、生で体感してみたいです!!
ちょっとおすすめ
ヘンリー・ダーガー 非現実の王国で
ヘンリー・ダーガー 非現実の王国で (JUGEMレビュー »)
ジョン・M. マグレガー
ミステリアスで孤独な一生を送ったヘンリー・ダーガーが亡くなる直前に見つかった、世界一の長編とも言われる、子供を奴隷にする残虐な大人たちと戦う、七人姉妹ヴィヴィアンガールズの物語。300枚を超えるダーガーの手による挿絵の、美しさと、可愛らしさと、残酷さと、奇妙さと・・。
ダーガーが自分自身のために創り上げた王国を、覗いてしまうことの背徳感。痛いぐらい哀しくて、強い。絶望、孤独、狂気から生まれた創作活動の純粋性を思うと、ほんと凄いです・・・!


ちょっとおすすめ
日本の島ガイド シマダス
日本の島ガイド シマダス (JUGEMレビュー »)

日本の全有人島と主な無人島あわせて1,000島以上のさまざまな最新情報を満載。
知らない島に住む人たち、お祭り、歴史、文化、そしておいしい特産品。
私ってなんて、無知なのかしら!と実感させられます。
まだ、一度も目を通していない頁たくさんあります。
トラックバック
自己紹介
その他

き・ゆ・ぬ・は・ぴ・る

ちょっと沖縄テイスト、喫茶ハピルのあさなゆうな
<< バレンタインをひかえたアレンジメント | main | ケーキ風アレンジメント >>
波照間より
波照間波照間

ざわわ・・・ざわわ・・・

製糖の季節に、一年分の黒砂糖を送ってもらうのですが、
この一年分というのが、結構難しくて・・・毎年失敗しています。
一昨年、仕入れすぎたのを踏まえて、すこし控えた昨年。
ちょいと前半飛ばしすぎて、ここにきて残り3袋となり
胸さわぎ ざわわ〜ざわわ〜・・なところへ・・・
波照間島より届きました〜〜。
いつもの郵便局のおじさんも、「今年も届きましたね」的な笑み。
うふふ。
作りたてのほやほやです。
一年経ったものと比べると、黒みも美しく、
口に含めば、ミネラルをたっぷり、複雑な野性的旨味。
ありがとうございますーー。

でも、あれ?カートンの数が少ない・・?と箱を開けてみると
「一部が遅れますので、お知らせしようと思いましたが
都合で出来ませんでしたので先に送ります。」と書かれた
小さなメモ書き!!

え!!??どんな都合???
そんなこといわんと、お知らせして欲しかったぁぁ〜〜。
と思いながらも、その判断、さすが島人気質ね★と、
趣を感じて、喜んでいたりします。

沖縄からの送料が高くつくので
一回にまとめて貰えると助かるのですが、
早く送ってあげるのが親切と思ったのかも。。
波照間から石垣への高速船の「フェリー代」というのも
つくんですよ。
ああ、私もフェリーにのせてもらいたいワ。

波照間

今年もパッケージが変わったのかなぁ?というのも楽しみなところ。
ぱっと見、継続な感じでありますが・・・
“沖縄黒砂糖協同組合 沖縄県黒砂糖工業会”
さとうきびマークが変わっています!

波照間

何故かは、分かりません。。
前のほうがいいなぁ。
こちらのページ>>では、
[黒糖(黒砂糖)及び沖縄黒糖(黒砂糖)の定義]や
「和三盆と黒砂糖は兄弟なんかぁー」などと、勉強になりますよ。


↓これは、4年くらい前(左)のと、3年前のパッケージ。

波照間

左のが好きだなぁ。実直な感じが。
どんどん豪華になっていきます。

本場の本物

最近のものの、右肩の「本場の本物」マークは、
2006年に認定されて以降ついているようです。
「本場の本物」については、今調べて知ったのですが
現在の認定品目には、鹿児島の壷造り黒酢・枕崎鰹節の本枯れ節
草加せんべい・奥久慈凍みこんにゃくなど・・・16品目。
意外に少ないですね。
この審査などもあって、上のさとうきびマークが
変わったのかもしれないですね!
申請の条件に、「産物名に地名がついている」とあるので。
よく見ると、マークの“黒糖”が、“沖縄黒糖”になっています。


サトウキビは、沖縄全地域で栽培されているのですが、
黒糖を生産し県外に出荷しているのは、この7島だけなので、
これらの島々を本場と称して、このマークがつけられているようです。
ちなみに、7島というのは、沖縄県の島尻伊平屋村(伊平屋村)、
島尻郡粟国村(粟国島)、宮古郡多良間村(多良間島)、
八重山群島竹富町の小浜島・西表島・波照間島、
八重山郡与那国町(与那国島)の7島。

せっかくの沖縄土産にを選ぶときに、目安になりますね。



裏も、日本最南端の碑の画像なんていれちゃったりして
カラフルになってます。

波照間



食品のパッケージには、いろんな情報が含まれていてることを
パッケージデザイナーミナコちゃんが、
いろいろ教えてくれるのですが
スポーツ新聞の見出しばりの、まやかし?みたいなのも!
消費者も、しっかり意識と知識を高めないとだめですね。

なんだか、マークっていろいろあって、難しいですよね・・。
認定やら・・・資格やら・・(財)やら。。。


さて。届きたての黒砂糖は、ホットぜんさいに使います。
豆は、沖縄ぜんざい豆。アメリカ生まれですけれどね。
| オキナワ | 14:33 | comments(4) | - | - | - |
●naomiさん
ほんとに・・・楽しい視線で過ごされているので、話題が豊富で!!
たくさん、笑わせていただきました。。。
そうなんです。黒糖、4月に入ると、もう売ってないって言われるんです。
でも、まぁまぁ近くのスーパーマーケットで年中売られているのを見つけました。
でも、つくりたてほやほやではないですけどね。
いろんなルートや、事情があるんでしょうね。
あのコートを、是非羽織っていらしてくださいね!
| Hapiru | 2010/02/02 6:58 PM |
●はるさん
わたしのほうこそ、北へ向かえず、すいません!!
ふたりして、海を越え、東南へいきたいものですね。
| Hapiru | 2010/02/02 6:54 PM |
こんにちは。
先日は楽しかったですね♪…というか住人たちでゆっくり話す機会って以外となかったので、しゃべりまくってごめんなさい!

黒糖、お姉ちゃんから時々頂くけど、貴重なんですね。コーヒーやチャイに入れるとコクが出るので、お気に入りです。
パッケージ、前の方がシンプルでよかったですね。

ああ、、、フェリーに乗りたい!!
当分行けそうにないですが、波照間の風をはこんできた黒糖のぜんざい、頂きにあがりますね♪
| naomi | 2010/02/01 3:48 PM |
またわたしにとって、おぜんざいの
楽しみな季節がやってきました〜♪
なかなか行けませんが、
おぜんざいシーズン中にはたどり着くようにします(*^_^*)
| はる | 2010/01/30 7:46 PM |