こよみ
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
近ごろの記事
お便り
引きだし
今までの記事
つながり
携帯でもどうぞ!
qrcode
ちょっとおすすめ
ちょっとおすすめ
ちょっとおすすめ
RAINBOW MAKER SINGLE
RAINBOW MAKER SINGLE (JUGEMレビュー »)

太陽電池が光を集めて、動きだし、下のクリスタルから、小さな虹がたくさん生まれて、くるくると踊り出して、見慣れた部屋が異空間に!
健全にトリップできます。
ちょっとおすすめ
星の使者―ガリレオ・ガリレイ
星の使者―ガリレオ・ガリレイ (JUGEMレビュー »)
ピーター シス
緻密で美しい挿絵1枚に、どれほどの時間を費やされているのでしょうか。マクロとミクロが共存する世界。原画が、見てみたいです。
シスの絵本はどれも好きですが、個人的に、ガリレオ・ガリレイが好きなので、こちらを。

ちょっとおすすめ
Wood
Wood (JUGEMレビュー »)
Andy Goldsworthy
アンディ・ゴールズワージーの作品集「Wood」。石、枝、棘、土、雪、氷柱、花、自然の素材を使いつつ丁寧に創り上げられた、なんとも不思議で不気味でオカルト的でもある、美しい世界。
写真集は他にも、「Stone」「Wall」「Time」・・いろいろあります。
異質ながらも、自然に溶け込むインスタレーション、生で体感してみたいです!!
ちょっとおすすめ
ヘンリー・ダーガー 非現実の王国で
ヘンリー・ダーガー 非現実の王国で (JUGEMレビュー »)
ジョン・M. マグレガー
ミステリアスで孤独な一生を送ったヘンリー・ダーガーが亡くなる直前に見つかった、世界一の長編とも言われる、子供を奴隷にする残虐な大人たちと戦う、七人姉妹ヴィヴィアンガールズの物語。300枚を超えるダーガーの手による挿絵の、美しさと、可愛らしさと、残酷さと、奇妙さと・・。
ダーガーが自分自身のために創り上げた王国を、覗いてしまうことの背徳感。痛いぐらい哀しくて、強い。絶望、孤独、狂気から生まれた創作活動の純粋性を思うと、ほんと凄いです・・・!


ちょっとおすすめ
日本の島ガイド シマダス
日本の島ガイド シマダス (JUGEMレビュー »)

日本の全有人島と主な無人島あわせて1,000島以上のさまざまな最新情報を満載。
知らない島に住む人たち、お祭り、歴史、文化、そしておいしい特産品。
私ってなんて、無知なのかしら!と実感させられます。
まだ、一度も目を通していない頁たくさんあります。
トラックバック
自己紹介
その他

き・ゆ・ぬ・は・ぴ・る

ちょっと沖縄テイスト、喫茶ハピルのあさなゆうな
雪のこる京都の片隅で

 

帰り道の冷たい風が、辛いです〜。

ぴかぴかの金星を見ながら、一生懸命ペダルを漕いでいます。

暗闇にふわりと漂う、蝋梅の甘い香り。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて・・・

この間のお休みに、京都へおでかけしました。

 

山や、日陰に、雪が残っていました。

 

 

 

 

 

 

高瀬川沿い三条と四条の間くらい、木屋町にある、元・立誠小学校。

 

 

 

 

 

 

 

 

懐かしい匂い。

ぎしぎしと、廊下を渡り、、、3階へ。

 

 

 

 

 

 

 

教室の1室を利用した、映画館が在るのです!

 

『この世界の片隅に』を観てきました。

 

 

 

 

 

座椅子が並べられていて、席数が少ないとはいえ満席。

皆で肩を寄せ合って、小劇場の舞台をみているような雰囲気でした。

 

お隣の席の女性が思わず「えっ!?」「あっ!」「あぁ…」というのも

なんだかよかった。

「のん」もよかった。


水彩画の優しく柔らかな色合い。

不条理な世界の中で季節が移ろい、野の草が萌え、鳥が飛び、

哀しみもあったけれど、喜びもあった。
強烈で残酷な表現とはまた違った沁み方がありました。

 

この映画はクラウドファンディングで予算の調達をされていて、

リターンとして主人公すずさんからお便りがもらえたり、

エンドロールに名前を載せてもらえたようです。

出資という形で参加できた方たちの喜びも、感じられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今後の上映のラインナップも、よさそうでしたよ!

 

 

 

 

●この世界の片隅に

http://konosekai.jp/

 

 

●立誠シネマプロジェクト

http://risseicinema.com/

 

 

+++++++++++++++++++++++++++

 

 

 

 

おまけ

 

 

 

 

 

 

 

京都市動物園の仔ゾウ、冬美トンクンちゃんの 「うんしょ!」

 

 

 

 

 

 

 

仔ヤブイヌの「ちらっ」

 

 

 

 

 

 

 

ケープハイラックスちゃんたちの 「ぬっくぬく」

 

床暖なのだそうです!

 

 

 

| 休日のハピル | 01:20 | comments(0) | - | - | - |
h-mさんとnidさんのイベントへ

毎年、年末のおたのしみ。

 

自転車に乗って・・・・

 

 

 

 

まずは、kotubuさんへ。

おうちの玄関を利用したパン屋さん。

国産小麦自家製酵母パンと国産米粉パンが並んでます。

 

 

 

 

 

小さなスペースだけれど、雑貨などもならんでいて、

とっても楽しませてもらえます。

 

 

 

 

 

 

今日のあさごはんは、kotubuさんとこのパンでした。

 

http://ameblo.jp/kotubu2009/

 

 

 

次は・・・プチビジューさん。

 

 

 

 

 

 

相変わらず、ロマンチックな空間。。

 

 

 

 

プチビジューさんのシュトーレンは、

さいごにバターに、ドボン!と浸してるんだそう!!

今年、わたしもはじめて買ってみました〜〜♪

とっても楽しみです!

 

 

 

 

 

 

 

赤いリボンはプレーン。

緑は、チョコレートです!

 

http://petit-bijou.la-neige-lalala.com/

 

 

 

 

そして、nidさんのアトリエにたどり着きました。

 

 

 

 

 

 

いつもながらに、物語を感じさせてくれる設え。

 

 

 

 

 

 

植物のさまざまな形に見惚れるし、あわせ方にうっとりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

お二階のh-mさんのアトリエの画像、お喋りしてて撮り忘れました!!

冬は、ウールを使った小物が並んでいて、目移りします。

小さな布地が、折り目正しく繋げられていて、

いつもながらに、丁寧なお仕事ぶりに感心します。

デジカメグッズ入れに!衣替えです。

 

丸いのは、ウール布地のブローチ。

ざっくりセーターに、つけます!

| 休日のハピル | 00:43 | comments(0) | - | - | - |
さすらいブルー

 

お休み。

高島屋で開催していた『広重ビビッド』を観に。

百貨店の美術展って、月曜日OKだから有難い〜。

 

 

 

 

 

 

日本化薬株式会社元会長であられた原安三郎氏の収集された、

「初摺」の作品で、保存状態が極めて優れていており

国内外でも稀にみる名品ぞろいの、関西地区初公開ということで、

「広重ブルー」をひとめ拝まん…と。

 

 

「初摺」と、版を重ねた「後摺」とは区別されているそう。

確かに版木が摩耗によって潰れていないので、線が際立ってる。

そして、広重の意向がふんだんに反映されている、渾身の摺り!

色、ぼかし、空刷りなどの、労力を惜しまぬ重ね技に溜息がこぼれる。

「初摺」後は、摺り師に任せることが多かったらしく、

色数を減らしたりなど、手抜きがあったよう。

 

この強烈な青は、広重が活躍した時代に流通して人気があったという

舶来の合成染料の藍色で、この青が生み出す劇的さに

皆、魅せられたのだろうな。

 

一条の滝の勢い、波のうねり、海の深淵、果てなき空。

その元で繰り広げられる、人々の営み。

小さな画面からあふれ出る、情景、情感。

失われた時代と風景を、旅した気持ちになれたな。

 

籠の中ではなく、股旅ルックで。

 

 

++++++++++++++++++++++++++

 

 

次の目的地は、英国。

阪急百貨店で開催中の『英国フェア』へ。

 

お客さまのの何かの先生??が(最も大切なことを失念!)

「ベイクウェル・プディング」を作るお手伝いされているとかで、

どんなのかな?って気になっていたので。

 

 

 

 

 

こんなでした。(左)

パイ生地に、チェリーのジャムが挟まっていて、

アーモンドエッセンスぽいのが、ふんだんの伝統菓子。

右の、ウェルシュケーキっていうのが、素朴なおいしさ。

 

人がいっぱい。阪急は、ほんとうに凄いな。

会場でみかけた、出で立ちからしてタータンづくしの

本気で英国LOVEっぽい紳士が、ヴィンテージのボタンを

真剣に選んでいたのが、いちばん印象的だったな。

指にあてていたから、指輪を手づくりするのかな。

 

思い返せば・・・私の英国との出会いは、

キャンディ・キャンディだったかも。

 

高校生の頃は、まぁまぁの腐女子だったと思うのだけれど、

『アナザー・カントリー』とか『モーリス』に萌えてたっけ。

映画で、紳士のスポーツとクリケットのこと知ったのだけれど、

クリケットって今では、サッカーの次に競技人口の多い

世界的なスポーツであることを最近知って、驚き!

 

 

 

++++++++++++++++++++++++++

 

 

 

最終目的地は、ジョージア(グルジア)。

 

アブハジア自治共和国が、ジョージアからの独立を求めた紛争を

背景に戦争と人間性を映した『みかんの丘』という映画。

 

 

 

 

 

 

前線間際のミカン畑で暮らす老人が、負傷した敵対するジョージア兵と

チェチェン兵のお世話をすることになる物語。

その土地の空気感、緊張感。

兵士や老人たちとのやりとりに、圧倒的なリアリティがあった。

憎しみに囚われた複雑な心情、じんわり芽吹く優しさや温かみ。

そんな思いを掃討してしまう、争いのやるせなさ。

同監督の『とうもろこしの島』も上映していたのだけれど

観ておきたかったな。

 

島国根性を痛感して、blue....

 

 

 

ああ、月が欠けてきたな。

いや、地球が光を遮っているな。

 

 

今宵は何処をさすらおうか。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 休日のハピル | 18:04 | comments(2) | - | - | - |
まぼろしのまほろば

 

コシュカさんで個展をされていたacaneyaさんが貸してくれた、

水木しげる先生の「お父さんの戦記」のこと、書こうかな。

支離滅裂になりそう。

 

ラバウル戦記は知っていたけど、記憶が薄れていたので、

お蔭でいろいろと思い出せた。

 

 

 

 

 

空爆で負傷した腕を、軍医に麻酔なしで切り取られた水木さん。

 

 

「元気になると、傷もだんだん治ってくる、

ある日、手の傷の臭みをかいでみると、赤ん坊の臭いがする。

新しく生まれ変わる臭いだ。なんとなく希望のようなものがわいてきて…」

 

というくだり。

 

私がお店を始めた頃、よく来られていた元麻酔医の翁にそのことを話すと、

「ウジはそのままにしていれば、壊死した組織を食べてくれる」と教えてくれた。

確か、赤ん坊の臭いのようなものは、乳酸だと仰ってたなぁ。

 

 

話がそれてしまったけれど・・・

 

 

戦争の残酷さよりも、水木さんが原住民と心を通わせるところが、

どうしても強く残ってしまう。生きる力の源だったからな。

原住民たちの、自然のままの生活や振舞いに心を響かせ、

彼らの暮らしぶりの中に本質のようなものを見出して、すっかりと虜に。

どんなに注意されても叱れても、部隊や療養所を抜け出して、

まるで楽園のように感じられる彼らの元を、訪れることをやめない。

 

ある月夜に、彼らはこんな夜をどんな風に過ごしているのかと様子を見に行くと

草を編んだ敷物の上で、月を眺めながらお喋りしていた・・・というのと、

かねてから見てみたいと強く望んでいた、彼らの踊り(儀式?)に招かれて、

同じように、当たり前のように、体を動かし魂を揺らすところが好き。

 

 

 

 

 

 

もしシベリアなどに配置されていたら・・?

「もし」なんてないけど。

 

敵兵よりも恐ろしかった、味方であるはずの古兵や上官の理不尽ないじめ。

不眠に飢餓、過酷な任務、怪我、高熱。危険や死と隣り合わせの日々。

精神状態ををぎりぎり保てるかどうかの状況であるのに、

自然の美しさや、原住民とのやりとりに心を動かしたりと、

豊かさを失わなかったのが、本当に不思議で仕方がない。

自分がそのような極限の状態に置かれたとき、一体どんな自分でいるのかな。

 

配属された部隊、置かれた立場などにもよるだろうし、

ご本人の性分や、考え方などによっても変わってくるのだろうけど…

どこか飄々としていて、政治的なことにはなにひとつ触れていないけれど、

戦争の虚しさ、人ってなんなんだろうと考えさせてくれる。

 

 

 

 

 

 

添えられている点描画が最高で、おとぎ話じゃないかと錯覚。

 

 

 

+++++++++++++++++++++++++

 

 

 

ニューギニア戦線では、熱帯性の感染症や飢餓で命を落とした兵士も多かったという。

 

終戦後23日も経ってから「敵前逃亡」の罪で二人の兵士が

射殺された事件があり、処刑した元上官たちを訪ねて真相を究明する姿を追った

「ゆきゆきて、神軍」という、ドキュメンタリー映画のことを思いだした。

ショッキングな内容だった。

まだまだ語られるのことのない戦場の残虐さや、不条理で溢れてるんだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

| 休日のハピル | 12:19 | comments(2) | - | - | - |
ハルカスのはなやさんに

 

あべのハルカス近鉄本館タワーの11階で、明日27日(火)まで開催中の

 

手づくりのお店「はなや」さんの現展を覗いてきました。

 

 

 

 

 

 

毛糸や糸を使ったブローチ。

額に入っているのは、小さな絵織りになっているんですよ!

凝っていますね!

 

 

 

 

 

 

BonBonさんの、手編みのかごバッグ。

 

 

 

 

 

 

nidさんのお花も!

日曜日はnidさんのレッスンです。満員御礼です。ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

お店でワークショップして下さっていたAmitie さんのアクセサリー。

アミティエさん、イベントやレッスンをするお店『ララ rara.y』を

オープンさせて、今後はそちらでレッスンされます。

お洒落なイカ焼きやさんでもあるのですよ。詳しくは ↓

http://ameblo.jp/akian08/

 

 

 

 

 

BonBonさんの2階でも販売されている、Oさんの木のブローチ。

他にも、布小物など・・いろいろ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

あづま袋のワークショップさていましたよ。

 

 

 

 

帰り、星野道夫さんの展覧会へ。写真はもちろんだけど、

心に響く言葉がたくさんあった。

実家に「旅をする木」があるはず。読み返してみよう。

 

 

 

 

 

 

| 休日のハピル | 00:04 | comments(0) | - | - | - |
使用済み切手、回収してます

 

台風16号、心配ですね・・・。

明日20日(火)「遊」はお休みですが、

出勤される方多いですよね。

電車も、どうなるのかな。

 

録画していた、「超高速!参勤交代」を観ました。

明日もなにか観よう。

 

 

 

 

 

 

お客さまと一緒に集めた、使用済み切手の整理をしました。

珍しい外国の切手も混じっていて、大切に取っておかれていた

ものではないでしょうか・・・?

 

 

 

 

 

 

正倉院の宝物的な、ゾウさんの切手も。

でもこれは・・・

下が切れているので、回収してもらえません!!残念。

 

 

切るときの、注意点です。

  ↓ ↓ ↓

封筒に貼ってある状態のまま、まわりを2〜3ミリ程度、

切手を傷つけない範囲を残して切り取ってください。
※切手周りを狭く切りすぎないようお願い致します。

(切手周りのギザギザが傷ついているものは対象外です)
※消印部分は残しておく必要はありません。

 

 

ちょっと、送り先を思案中で、まだ確定できていませんが、

これからも集めますので、良ければ持ってきてくださいね!

 

 

 

今回は、公益社団法人 日本動物福祉協会 さんに

送らせていただきました!

http://jaws.or.jp/support01/support03/

 

| 休日のハピル | 00:02 | comments(0) | - | - | - |
中ゆくい

 

台風12号が、熱帯低気圧に変わりましたが

日本各地での雨が心配ですね。

 

 

6日(火)は定休日となっております。

 

 

++++++++++++++++++++++++++

 

 

IMAX3Dで、ジャングル・ブックを観ました。

3Dってすごいですね。迫力ありました。

 

生息地ごちゃまでだけど、いろんな動物が。

インドサイとかセンザンコウとか。

 

仔ゾウさんがかわいかった。。

ちょっと小走り気味なのとか、好奇心がいっぱいなのとか、

白目むきがちなのとか、リアルだった。

 

ディズニーアニメ版のジャングル・ブックが好きで

バイト代でレーザーディスクを買って、何度も観たっけ。

歌がたのしいの。

アニメの仔ゾウさんは、ふくちゃんみたいにフサフサ頭だったはず。

観かえしたいけど、レーザーディスクって…(涙)

 

 

 

 

| 休日のハピル | 23:38 | comments(0) | - | - | - |
天王寺動物園界隈で

 

新世界という濃厚な立地にありながら爽やかなカフェギャラリー、

通天閣ビューの*kirin*さんで好評開催中の

『あにまるぱらだいす展 vol.10』(8月28日まで)を覗いてきました。

 

 

 

 

 

 

ARK(アニマルレフュージ関西)やボルネオ保全トラストジャパンの

動物保護活動や環境活動を支援されているヴィークラフトさんの

ワイヤーピックやオーナメント。

モンベルの端布を使った製品など。。

 

 

 

 

 

イラストレータさんの作ったぬいぐるみは。

むっちりとしていて可愛らしったです!

 

 

 

 

 

 

 

他にも、動物モチーフの作家さんの作品が並んでいました。

 

 

 

 

 

 

残暑お見舞い用に、ハガキも数枚買って帰りました!

 

カフェギャラリー*kirin * http://www.eonet.ne.jp/~kirin-cafe/

 

 

 

+++++++++++++++++++++++++++++++

 

 

 

天王寺動物園で終戦日前後に毎年行われている【戦時中の動物園展】

(8月9日〜21日)も覗いてきました。

 

 

 

 

 

原飼育員に懐いていたヒョウ。

毒入りの餌を吐き出すため、仕方なく絞め殺すことに。

飼育員を信頼していたヒョウは、おとなしく首にロープを

欠けられたのだそうです……

 

 

 

 

チンパンジーのリタ嬢とロイドくんは、軍服を着せられたりして

戦意高揚に利用されました。

ロイド君は敵性語として、勝太に改名されたそうです。

 

 

 

 

人気ものだった、アジアゾウの常盤ちゃん・・・ 

私好みの、頭でっかちのぽっちゃり体系、

日の丸が虚しいですね。

お友達のランプールちゃんと共に、昭和17年、

栄養失調のため命絶えました。

 

 

 

 

健気に、いろいろと協力してくれ、

人間を喜ばせてくれていたのに。

 

 

 

 

 

 

ひっそりと佇む園内の慰霊碑に、そっと手を合わせました。

 

 

 

 

 

 

 

ああ、動物たちの立派な毛皮が気の毒です。

みんな暑さで、ぐったりしていました.......

 

 

 

 

 

ラニー博子さんは、ちょうどシャワータイムでした。

お庭のお水まきしているとき、いつもゾウさんのこと思い出してます。

一度でいいから、お水浴びの担当になりたい。

 

 

 

 

 

 

クロサイのサミアちゃんは、日陰でボール遊びしていました。

 

今生きている動物園の子たちの飼育環境、良くしてもらえますように!!

 

| 休日のハピル | 23:48 | comments(0) | - | - | - |
カレーと地獄

 

お客さんとおいしいカレー屋さんの情報交換をしていて

一緒に行きましょうってお約束した、『ボタニカリー』

お仕事シフトを合わせてもらっているのに、

月曜日となると臨時休業で、なかなかたどり着けなかったのだけれど、

ついに・・・!

 

 

 

 

 

 

 

1時間前に整理券を配るとのことで、積年の思い?を晴らすべく、

1番と2番のを手にできました。

 

 

 

 

 

色とりどりのピクルスが目にもおいしい、合いがけです。

店名からの勝手なイメージとは違って、ロックが流れる中、

おいしくいただきました。

画像でおたのしみください。

 

 

 

++++++++++++++++++++++++++

 

 

そして、1日は映画の日でした! 

観たのは、気になっていた、TOO YOUNG TO DIE → 

 

地獄のハリボテ感(お芝居みたいなの)とか、

予想外の天国とか。

クドカン節きいていて、かなり笑えました。

キャストが、毎度の大人計画のメンバーに合わせ、

ミュージシャンなど、豪華な顔ぶれ。

撮影、楽しかっただろうなぁ〜って思いました。

 

DVDでもいいかなぁ〜と思っていたけど、

大画面で爆音で鑑賞できてよかった。爽快。

めちゃくちゃな設定だけど、ほろっときた。

現生での悲喜こもごも、地獄での悪あがきが愛おしくなるかも・・?

 

途中、まさかのゾウさん、しかも仔ゾウさんの動画!

あのこ、どこのこ?ということが、気になって仕方がない。

シネコンの予告って、地球滅亡系(洋画)と、不治の病系(邦画)が、

絶対含まれてるような気がする〜

 

 

 

| 休日のハピル | 09:52 | comments(0) | - | - | - |
浴衣のゆくえ

 

7月も後半に・・・!!

 

夏休みもはじまりましたね。

子どもさんづれのお客さんが増えました ^^

ちかごろは、日焼けをしたがらないお子さん、

させたがらない親御さんも多いとか。

確かに焼きすぎはお肌に悪いかも??ですが、なんだ寂しいですね。

つやつやと黒光りしている小学生を見ると、ほっとしてしまいます。

夏のいい思い出、いっぱいできるといいな。

 

今年は、浴衣に袖を通さずに終わりそうな予感。

夏も人生も、あっというまですね。

 

もう柄行や色合いが、年齢的に厳しいな。。と思う浴衣。

自分ではじめて買った浴衣。

アンティーク着物に憧れるものの、裄や着丈の問題あり。

そんな私にちょぴり「風」を愉しませてくれた浴衣。

麻の葉もように、大ぶりのピンクのお花。

郡上おどり持っていったなぁ〜。ほんとにみんな徹夜で踊っていたなぁ。

チン電の貸切イベントで来たなぁ。若かったよなぁ。。と思いでいっぱい。

 

そういえば、ジョッキを倒して膝の上にビールをぶちまけたんだった。

そんなシミがのこっているので、人に譲りにくい、、、、

けれど捨てるには忍びない・・・悶々。。。。

出してきては、しまっての数年を経て・・・・・

 

 

 

 

 

 

水野鍛錬所さんの切れ味抜群な糸切り鋏でほどいて・・・・・

 

 

 

 

 

日傘に生まれかわりました♪♪

うれしい!

 

このあいだのお休みに、空堀まで日傘作りを教えてもらいに行ったのです。

前日、解くのに時間がかかりました。

プリントの生地なので、裏が白っぽくてちょっと残念。

染の浴衣だと、裏側も素敵ですね。

プレタサイズの既成の浴衣だったので、主にミシン縫いだったため。

手縫いのところは、実にほどきやすかったです。

ミシン跡は、大きな針穴も残り、生地が傷んでしまっていました。

昔の人のされていたことは、本当に理にかなっていて感心するばかり。

解いて、繋いで、洗い、染め直し、仕立て直し、また解いて、

のちはふきんか、はたまたおむつか。。。

 

まだ余っている部分があるので、何を作ろうかなぁ。

上着にしようかな?と鏡の前で当ててみたけれど、、、、

外国人にプレゼントしたら喜ばれるかも??な感じでした。

無難に、手提げがいいかな。

 

 

空堀に向かうのに地下鉄にのったら、生茶の中吊りに波瑠さんの着物姿。

帯が、ミナペルホネンの生地でした。半襟もカラフル。

帯留めは3つ、つけられてました。

 

 

 

 

 

駅校内には、金麦の大きな大きなポスター。

 

 

 

 

夏になるとたくさんの浴衣姿の広告が登場しますが、

今年もやっぱり壇れいさんのが、一番印象に残る。

注染の葡萄柄の浴衣は、竺仙さんのかな〜?

帯はもしかしたら、、、たぶん、、、

沖縄の花織かロートン??近づいてじっくり見たけれど、

色が淡いせいもあって、よくわからなかった。

檀さんの麗しい姿も合わせて、もう一度愛でたいな。

 

 

日傘作り教えて頂いたのはこちらのお店です→

空堀商店街の中ほどあたり、こんぶの土居さんのちかく、

旧ヤム邸(カレー屋さん)の前です!

日傘以外にも、鞄やお洋服の作り方も教えてもらえますよ!

| 休日のハピル | 00:35 | comments(0) | - | - | - |